便秘とヨーグルトの関係について

便秘にヨーグルトの乳酸菌が効く理由について

このエントリーをはてなブックマークに追加

乳酸菌が豊富なヨーグルト


ヨーグルトは便秘解消効果が望める代表的な食品です。なぜにヨーグルトが便秘によいのかというと、それは、ヨーグルトに豊富に含まれている乳酸菌の働きによるところが大きいです。では、なぜにヨーグルトの乳酸菌が便秘に効くのか?その理由についてお伝えします。

なぜヨーグルトの乳酸菌が便秘に効くのか?


その理由を簡単に説明すると、ヨーグルトに含まれる豊富な乳酸菌が、腸内環境をよりよい状態に整えるために大変によい働きをしてくれるからです。ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、生きて腸に届いた場合も、胃酸で死滅して腸に届いた場合も、腸内環境を整える働きをしてくれます。さらに詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク


生きて腸まで届いた乳酸菌の働き


ヨーグルトを食べると、ヨーグルトに豊富に含まれる乳酸菌が腸に送り込まれます。乳酸菌が生きたままの状態で腸に届いた場合、そこで元々腸内に生息してている善玉菌と同様に、発酵と呼ばれる繁殖活動を行う過程で、副産物として乳酸などの有機酸を産出して、腸内の酸を増やします。酸には、腸を刺激して便通を促す働きがあるため、酸の多い腸内環境では、お通じもよくなり、便秘しにくくなります。

また、酸の多い環境では、腸内の悪玉菌が繁殖ができないため、その数を減らすことになります。腸内の悪玉菌は、腸内環境を悪化させ、腸を不調にすることで、間接的に便秘を引き起こします。その悪玉菌が減れば減るほど、腸内環境はよりよい状態に改善され、腸の調子もよくなることで、便秘も解消されるというわけです。

胃酸で死滅してしまった乳酸菌の働き


ヨーグルトに豊富に含まれる乳酸菌は、胃酸などで死滅してしまっても、その死骸が腸に届くと、しっかりとよい働きをしてくれます。元々腸内に棲みついている善玉菌であるビフィズス菌のエサとなることで、その増殖を助けてくれるのです。腸内の善玉菌が増えれば、やはり腸内の酸が増えるため、悪玉菌の繁殖が抑えられ、腸内環境が改善されます。腸の働きもよくなり、ぜん動運動も活発に働きます。その結果として、便秘も解消しやすくなります。

ヨーグルトの選び方も重要


市販されているヨーグルトの種類は、非常に豊富で、いったいどのヨーグルトを選べばよいのか迷いやすいことも確かです。

一応の目安としましては、例えばパッケージに、特定保健用食品や機能性表示食品などのマークのあるヨーグルトは、整腸効果や腸内環境の改善効果が実証されているものなので、試す価値はありそうです。

ただ、ヨーグルトの便秘解消効果をより確実なものにするためには、自分の腸と相性のよい乳酸菌が含まれているヨーグルトを選ぶことが最も重要であるといえます。

自分の腸と相性のよいヨーグルトを選ぶためには、実際に同じヨーグルトを2週間ほど食べ続けてみてください。明らかに体調がよくなったり便通がよくなった場合は、そのヨーグルトが自分の腸との相性がよいということになります。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事