便秘に悪い食べ物について

便秘に悪い食べ物とは?コレが原因で便秘になる

このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘に悪い食べ物


便秘の解消に必要不可欠な食べ物があるのに対し、逆に便秘に悪い食べ物もあります。それらの食べ物を食べすぎると便秘になりやすいです。また、すでに便秘の場合は、便秘に悪い食べ物を食べ過ぎると、便秘解消の妨げになるだけでなく、便秘を悪化させる心配も出てきます。便秘に悪い食べ物についてご紹介します。

肉類


肉類は、消化するのに非常に時間がかかるために、食べ過ぎてしまうと、腸そのものに負担をかけ、その働きを鈍らせてしまいます。その結果、ぜん動運動の働きも鈍るために、便をスムーズに排出することができず、便秘を引き起こします。

また、肉類は、消化に時間がかかる分、未消化のたんぱく質の状態で大腸に届きやすいという点も問題になります。腸内の悪玉菌は、未消化のタンパク質が大好物なので、大腸に届くと、喜んでそれらを食べて繁殖活動(腐敗活動)を行って、有害物質を作り、腸内環境を悪化させるのです。結果、善玉菌の働きが抑え込まれ、腸そのものの働きも鈍るため便が滞留し、腸内にどんどん腐敗した便を溜め込むことになります。

腐敗便が溜まれば溜まるほど、さらに悪玉菌がそこに群がることになり、ますますその数を増やすという悪循環が生じ、便秘も悪化します。

誤解のないように、肉類そのものが直接便秘を引き起こすわけではありません。肉類に含まれるたんぱく質は、身体にとって必要不可欠な栄養素です。適量を食べて、消化吸収が十分に行われさえすれば、全く問題はないのです。また、肉類と同時に食物繊維を十分にとっていれば、食物繊維の働きのおかげで悪玉菌の繁殖は抑えられるため、便秘を回避できます。

スポンサーリンク


揚げ物


揚げ物などの脂質が多く含まれている食べ物は、やはり消化に時間がかかるために、その分、腸の働きが低下しやすく、食べすぎると、便秘を招きやすくなります。

さらに揚げ物は、過酸化脂質という腸の細胞を傷つける物質に変化しやすく、食べ過ぎることで、腸に悪影響が及ぼされ、腸の働きを低下させることでも便秘を招きます。

お菓子


菓子類には、大量の砂糖が含まれています。砂糖を大量に摂取すると、「糖反射」という胃腸の働きそのものが停滞してしまう状態が引き起こされ、結果、腸のぜん動運動も低下し、便秘を招きやすくなります。

さらに砂糖は、身体を冷やす食べものでもあり、食べ過ぎると腸を冷やすことにより腸の働きを鈍らせ、やはり便秘を招きます。

そのほかの便秘に悪い食べ物


1.刺激物

刺激物の食べ過ぎは、腸を刺激して、腸の正常な働きを乱しやすくなります。特に痙攣性の便秘の場合は、刺激物により症状が悪化しやすいので、控えるようにしましょう。

2.冷たい食べ物(体を冷やす食べ物)

冷たい物を食べると、腸が冷えることにより、働きが低下し、便秘の引き金になります。

同じ理由から、ナスやきゅうり、トマトなど、身体を冷やす食べ物も食べすぎには注意しましょう。

3.食品添加物を含む食べ物

防腐剤や保存料などの化学合成された食品添加物が含まれている食べ物は、腸内細菌にダメージを与え、その数を減らすことで腸の不調を招くため、便秘にもよくないです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事