ウォーキングの便秘解消効果について

便秘の解消にウォーキングが効果的な理由とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーキング


便秘解消には、ウォーキングが実に効果的です。また、ウォーキングの方が、便秘薬に頼るよりも健康的に便秘を解消できるだけでなく、便秘を予防することも可能になります。さらに詳しくお伝えします。

手軽に運動不足を解消できる


便秘の大きな原因のひとつに運動不足があります。身体は動かさないと、次第に身体全体の筋力が衰えていきます。当然、腹筋も弱ります。腹筋が弱ると、排便の際にうまくいきむことができなくなります。また、腸も筋肉でできているので、運動不足になると、腸そのものの筋力も低下し、ぜん動運動の働きも鈍るため、便をスムーズに押し出すことができず、その結果、便秘になります。

身体を動かすようになると、筋力が回復します(少し早足でウォーキングをするだけでも、全身の筋肉を使うので、腹筋を含む身体全体の筋肉を鍛えられます)。特に、多くの方が悩まされている弛緩性便秘は、運動によって腹筋や腸の筋力を強化することで、優れた便秘解消効果が望めます。

このように便秘解消のためには、どの運動も効果がありますが、その中でもウォーキングは、手軽に行えてしかも続けやすいので、特に便秘解消には効果的な運動であるといえるのです。もちろん、ウォーキングに、腹筋などの筋力トレーニングをプラスすると、さらに効果がアップします。

スポンサーリンク


ウォーキングで血流がよくなる


ウォーキングによって、全身の血流がよくなります。ウォーキングの場合は、特に下半身の血流がよくなります。腸にはたくさんの血管が通っているので、血流がよくなれば、腸を動かすのに必要な酸素や栄養が十分に行き届きます。腸そのものが元気になり、ぜん動運動も活発に働いてくれるようになるのです。

自律神経の乱れが改善される


ウォーキングなどの適度な運動は、自律神経のバランスを整えるのにも非常に効果的です。自律神経のバランスが整うと、腸の働きを司っている副交感神経が正しく機能し、腸も正常に機能するようになるため、便秘が解消されます。

自律神経のバランスの乱れが主な原因である痙攣性の便秘には、ウォーキングは特に効果的です。

便秘解消効果をアップするためのウォーキング方法


ウォーキングによる便秘解消効果をさらにアップさせるためには、以下のことを心がけてください。

1.呼吸を意識する

歩く際の呼吸は、なるべく深い呼吸を意識してください。特に息を吐く際に、心持ちゆっくりと長めに行うと、より副交感神経を活発に働かせることができます。

2.歩幅を意識する

筋力アップのためには、歩幅を広めにとるようにしましょう。

3.水分補給

ウォーキング前後の水分補給も忘れずに。 水は、便をやわらかくする作用のあるマグネシウムの多いミネラルウォーターがおすすめです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事