便秘と体臭や口臭の関係について

便秘だと体臭・口臭が酷いくなる理由について

このエントリーをはてなブックマークに追加

口臭が酷い女性


体臭や口臭は、自分では気づきにくいものですが、便秘が続くと自分でも不快感を感じるくらい、体臭や口臭が酷くなる場合があります。なぜ便秘だと体臭や口臭がそんなに酷くなってしまうのでしょう?さらに詳しくお伝えします。

便秘によって体臭や口臭が酷くなる理由  


便秘によって、本来速やかに排出されるべき便が腸内に溜まることになると、便はどんどん腐敗していきます。そうなると、腸内の悪玉菌が腐敗便をエサにして繁殖活動を盛んに行い、その数を増やすことになります。

悪玉菌は、繁殖活動を行う際に副産物として、数々の毒素や有害物質(硫化水素、インドール、スカトール、メタン、アンモニア、アミンなど)を発生させます。これらの毒素や有害物質の多くは、強烈な悪臭を放ちます。

スポンサーリンク


これらの毒素や有害物質は、腸で吸収されて、血液を通して肝臓に運ばれ、解毒が行われますが、一部は血液を通って全身をめぐり、やがて肺や皮膚から、呼気や汗と一緒に体外に排出されることになります。その際に、強烈な悪臭も一緒に放たれることになるのです。

肺から排出されれば、吐く息が臭くなるため、口臭が酷くなります。皮膚から排出されれば、汗が臭くなるため、体臭が酷くなります。

便秘が原因の場合に発生する体臭や口臭の特徴


口臭や体臭が酷くなる原因は、便秘以外にもいろいろとあり、それぞれの原因によって体臭や口臭の質も違ってきます。

便秘が原因の場合の体臭や口臭は、主にインドールやスカトールの持つ悪臭によるものです。これらの成分は、本来、便と一緒に排出されますが、便秘になると、それがかなわず、肺や皮膚からでしか排出できなくなります。もし、口臭や体臭に、便特有のイヤな臭いを感じれば、それは、便秘から来ていると考えて間違いないでしょう。

便秘以外の原因による体臭や口臭であった場合も、そこに便秘による悪臭が加わることで、様々な種類の臭いが混じりあい、さらに強烈に酷い悪臭を放つことになってしまいます。便秘が悪化すれば悪化するほど、体臭や口臭は、ますます酷くなります。

便秘解消が一番の近道


便秘によって口臭や体臭が酷くなっている場合は、便秘を解消させることで、速やかに症状を和らげることができます。

ただ、口臭や体臭は、多少は誰にでもあるものなので、必要以上に神経質になりすぎないことも大切です。あまり気にしすぎると、ストレスにより便秘を悪化させる心配も出てくるので、その点は気をつけましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事