便秘に食物繊維が効かない理由について

便秘に食物繊維が効かない!なんでなの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

食物繊維が便秘に効かない


食物繊維といえば、便秘に効くことでおなじみですが、実は、便秘に効かないどころかむしろ悪化させてしまう場合ももあるようです。なぜ、そのようなことが起こってしまうのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

食物繊維は2種類ある


食物繊維は、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類があります。不溶性食物繊維と水溶性食物繊維は、異なった性質を持っていて、それぞれ腸内における働きが違っています。

不溶性の食物繊維

水分を取り込んで膨張し、便のかさを増やすことで腸を刺激して、ぜん動運動を活発にさせ、便通を促す働きがあります。また腸内の不用な物質を一掃して、腸をきれいにします。葉物野菜やイモ類、根菜類に豊富に含まれています。

スポンサーリンク


水溶性の食物繊維

便の水分量を増やし、便を軟らかくすることで、便を排出しやすくする働きがあります。また、腸内の善玉菌のエサとなって、その増殖を助けます。もずく、めかぶ、納豆、山芋、オクラなど、ネバネバした食材に豊富です。

便秘解消のためには、不溶性と水溶性の両方の食物繊維をバランスよく摂取することがポイントになります。ちなみに理想的なバランスは、不溶性食物繊維:水溶性食物繊維=2:1と言われています。

不溶性食物繊維の過剰摂取が便秘の原因に


不溶性食物繊維を摂りすぎて、水溶性食物繊維とのバランスが極端に偏ることになった場合、便秘解消効果が望めない場合も出てくるようです。便秘に効かないどころか便秘が悪化してしまう場合もあります。

不溶性食物繊維を摂りすぎてしまうと、それだけ多くの便に含まれる水分が取り込まれてしまうことになります。しかも、便の水分量が不足した状態で、かさが増すため、非常に硬くて大きな便になってしまいます。その結果、腸管内を移動しづらく、排出が困難になるため、便秘を招きやすいと考えられます。腸が刺激され、ぜん動運動が起こるものの、便が大きくて硬いために、うまく排出できずに腹痛を起こす場合もあるようです。

また、不溶性食物繊維を摂りすぎると、それだけ消化に負担がかかり、場合によっては消化不良による腹痛を起こす心配も出てきます。負担がかかると、腸の機能が低下するため、その分、便秘を招きやすいです。

痙攣性の便秘に食物繊維は逆効果


便秘にはいろいろなタイプがありますが、痙攣性の便秘の場合は、食物繊維の摂取がむしろ逆効果になってしまうようです。

痙攣性の便秘は、主にストレスによる自律神経の働きの乱れが原因で、腸が過剰に刺激されて痙攣してしまうために、ぜん動運動の働きが異常になるために引き起こされます。そのような状態の時に、食物繊維を摂ると、さらに腸を刺激することになります。その結果、腸はますます痙攣し、麻痺して動かなくなるため、便秘が悪化しやすいです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加