わさびの便秘解消効果について

便秘の解消にわさびが効果的な理由について

このエントリーをはてなブックマークに追加

わさびの便秘解消効果


刺身やそばの薬味としておなじみのわさびですが、便秘の解消にも効果的なようです。なぜわさびが便秘の解消に効果的なのか?その理由や、わさびの数々の健康効果についてもお伝えします。

わさびが便秘に効く理由


その1.抗菌効果により腸内の悪玉菌を減らす

わさびには、優れた抗菌効果のある成分であるアリルイソチオシアネート(すりおろすことで生じる辛み成分)が豊富に含まれています。刺身などの生魚にわさびが添えられているのは、この優れた抗菌効果により、食中毒を防ぐためです。

便秘の場合、腸内に滞留している便に悪玉菌が群がって、繁殖が盛んになりやすいですが、わさびには、腸内にはびこる悪玉菌にダメージを与え、その繁殖をストップさせる働きが望めます。

その2.消化促進作用により腸の排せつ機能がアップ

すりおろしたにわさびに含まれるアリルイソチオシアネートには、優れた消化促進効果があり、胃腸の消化活動をしっかりと助けます。消化がよくなると、腸の消化活動への負担が軽減される分、排せつ機能が向上するため、排便がスムーズになります。

スポンサーリンク


わさびにはこんな健康効果もある!


わさびには、便秘解消効果や食中毒の予防効果の他にも、様々な健康効果が認められています。わさびによる健康効果は、主に以下の通りです。

1.血栓を予防

すりおろしたわさびに含まれているアリルイソチオシアネートは、血栓ができるのを予防する働きにも優れているようです。血栓が原因の心筋梗塞、脳梗塞などの予防にも効果的です。

2.脳機能の向上

わさび特有のつんと鼻に来る刺激によって、脳細胞が活性化することで得られる効果です。覚醒効果も望めます。

3.抗酸化作用

わさびに含まれているスルフィニル(正式名称6-メチルスルフィニルヘキシルイソチオシアネート)という成分による効果です。一説によりますと、その抗酸化力は、赤ワインポリフェノールよりも優れているということです。抗酸化作用により、老化予防、美肌、美白、がん予防など、活性酸素が原因のありとあらゆる疾患の予防効果が望めます。

4.肝機能の向上

わさびには含まれているスルフィニルには、肝臓の解毒を助ける働きがあり、これにより肝機能の向上が望めます。

5.花粉症予防

わさびに含まれるスルフィニルの抗アレルギ―作用により得られる効果です。

ただし、ここに注意


わさびの効果を最大限に引き出すためには、本わさびを家庭ですりおろすという方法が最適といえるでしょう。市販の安価で購入できるものは、本わさびの含有量が少ないため、その分、効果も弱まります。

わさびは刺激が強いので、食べ過ぎると、胃腸障害を起こす怖れが出てきます。また、アリルイソチオシアネートには、交感神経を刺激して、皮脂や汗の分泌を促進する働きもあるため、過剰摂取により、ニキビや湿疹などの皮膚炎が発症しやすくなるようです。

本わさびのすりおろしなら、1日にティースプ−ン1杯程度(約3グラム)で、十分な効果が望めるようです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加