梅干しの便秘解消効果について

便秘の解消に梅干しが効果的な理由について

このエントリーをはてなブックマークに追加

梅干しの便秘解消効果



梅干しは、食中毒予防をはじめ、数々の効能があることで知られていますが、梅干しの効能の中には、便秘の解消も含まれています。それにしても、なぜ梅干しが、便秘の解消に効果的なのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

梅干しが便秘に効く理由


便秘の解消に梅干しが効果的なのは、その極めて優れた抗菌効果により、腸内の悪玉菌の繁殖を抑えることができるためです。ちなみに悪玉菌は、酸に弱いため、腸内が酸性になればなるほど、その数を減らすことができます。

梅には、クエン酸をはじめとするコハク酸、カテキン酸、酒石酸、リンゴ酸などの有機酸が豊富に含まれています。そこに、梅を干すことで得られる成分であるベンズアルデヒドも加わります。ベンズアルデヒドも、体内で分解され、安息香酸という極めて強力な殺菌効果のある酸に変化します。

スポンサーリンク


腸内の酸は、善玉菌が繁殖する際にも生成されます。腸内が酸性に保たれていると、悪玉菌の繁殖は抑えられます。しかし、便秘になると、腸内に滞留した便に悪玉菌が群がって、爆発的に繁殖することで、善玉菌の繁殖が抑えられてしまいます。その結果、腸内は酸性からアルカリ性になり、悪玉菌優勢の劣悪な環境に陥り、便秘が悪化する、という悪循環が生じます。

梅干しを食べると、梅干しに豊富に含まれる有機酸により、腸内の悪玉菌の繁殖を強力に抑え込むことで、その数を大幅に減らせます。その結果、善玉菌が活動しやすくなり、腸内環境が改善されていき、便秘解消へと導かれます。

また、梅干しに含まれる豊富な有機酸には、腸を刺激して、ぜん運動を活発にさせるという働きもあり、その点も便秘解消に効果的です。

梅干しにはこんな健康効果もある!


梅干しは、有機酸の他にも、梅リグナンなどの抗酸化物質も豊富に含まれています。これらの成分による梅干しの健康効果は、まさに万能薬といっても過言ではないくらい、実に幅広いです。

これまでに効果が実証されているものには、疲労回復、血行促進、インフルエンザ予防、胃潰瘍や胃がん予防、動脈硬化予防、肥満予防、老化予防などがあります。

最近は、梅干しを加熱することによって、血行促進効果や肥満予防効果がアップさせられるということで、「焼き梅干し」がブームになっているようです。

ただし、食べ過ぎに注意


梅干しは、塩分含有量も多く、食べ過ぎてしまうと、塩分の摂りすぎになり、高血圧や腎臓に負担をかける心配が出てきます。

天日に干されることによって栄養分が凝縮されているため、1日1粒でも十分な効果が期待できます。尚、梅は干さずに生のまま食べると、猛毒が含まれているため、人体に害を及ぼします。その点も気を付けてください。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加