ところてんの便秘解消効果について

便秘の解消にところてんが効果的な理由について

このエントリーをはてなブックマークに追加

ところてんの便秘解消効果


低カロリーでヘルシーなイメージの強いところてんですが、実は、便秘解消にも大変に優れているようです。なぜ、ところてんが便秘の解消に効果的なのか?その理由や、ところてんの健康効果、食べる際に気をつけたい点についてお伝えします。

ところてんが便秘に効く理由について


理由その1 食物繊維が豊富

ところてんは、水溶性食物繊維が豊富な天草(海藻)から作られています。そのため、ところてんを食べると、水溶性の食物繊維を摂取することができます。水溶性食物繊維は、便の水分量を増やして便を軟らかくして、排出しやすくする働きに優れています。

また、水溶性の食物繊維は、腸内に棲む善玉菌のエサとなって、増殖を助ける働きもあります。善玉菌は増殖の際に、有機酸と呼ばれる酸を生成します。この有機酸が、便秘による悪玉菌の繁殖を抑えたり、腸のぜん動運動を活発にしたりと、便秘の解消に効果的に働いてくれるのです。

理由その2 水分が豊富

ところてんは、その99%が水分でできています。そのため、ところてんは、便秘の原因のひとつである水分不足の解消にも効果的です。便秘になると、便が腸内に滞留している間にどんどん水分が奪われることになるので、水分を多めに摂る必要が出てきますが、ところてんなら、効率よく水分を補給できます。

スポンサーリンク


ところてんにはこんな健康効果もある!


1.ダイエット効果

ところてんに豊富に含まれる食物繊維による効果です。血糖値の上昇を抑えたり、身体に脂肪を蓄積させにくくする働きがあります。

糖尿病や高脂血症の予防にも効果的です。ところてん自体、ほとんどカロリーがないので、ダイエット食品としても最適です。

2.動脈硬化予防

ところてんに豊富に含まれる水溶性食物繊維には、動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールを減らす働きも認められています。

3.免疫力向上

ところてんに豊富に含まれる水溶性食物繊維は、善玉菌のエサとなって増殖を助け、腸内環境を良好な状態に整えることができます。その結果、腸そのものの働きもよくなるため、腸に集中している免疫細胞も活性化され、免疫が向上します。

ただし、食べすぎに注意!


ところてんは、ほぼカロリーがないので、食べ過ぎても太る心配はありません。ただ、原料が海藻でヨードもそれ相応に含んでいます。そのため、食べ過ぎるとヨードの過剰摂取につながる心配が出てきます。ヨードの過剰摂取は、甲状腺機能の低下につながるので、その点は注意が必要です。

また、食物繊維は消化吸収されないため、摂りすぎると、下痢になったり、他の栄養素の吸収を疎外して栄養失調に陥ったりする怖れが出てきます。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加