じゃがいもの便秘解消効果について

便秘の解消にじゃがいもが効果的な理由について

このエントリーをはてなブックマークに追加

じゃがいもの便秘解消効果


じゃがいもは、便秘の解消に優れた効果が期待できます。なぜ、じゃがいもは、便秘解消に効果的なのでしょうか?その理由や、じゃがいもの健康効果、食べる際に気をつけたい点などについてお伝えします。

じゃがいもが便秘に効く理由


その1.食物繊維が豊富

スムーズなお通じのためには、水溶性と不溶性の両方の食物繊維を摂取することが大切です。これは、水溶性の食物繊維と不溶性の食物繊維は、それぞれ腸内における働きが違っているためです。

水溶性の食物繊維は、便の水分量を増やして便を軟らかくすることで、スムーズな排便を促します。また、腸内細菌の善玉菌の栄養源となって、増殖活動を盛んにすることで、腸内環境を善玉菌の多い良好な状態に整えるのにも役立っています。

スムーズな排便のためには、腸を刺激するために便に適度のかさが必要です。不溶性の食物繊維は、水分を吸収して膨張する性質により、便のかさを増やすのに役立ちます。また、腸内の生ごみ(老廃物や細菌の死骸、剥がれ落ちた細胞など)をからめとって、腸内をきれいにする働きもあります。

じゃがいもには、水溶性と不溶性の両方の食物繊維がバランスよく含まれているため、スムーズな排便を得やすく、便秘の解消に効果的です。

その2.難消化性でんぷん(レジスタントスターチ)が豊富

じゃがいもには、腸内環境を整える効果のある難消化性でんぷん(レジスタンスターチ)が豊富に含まれています。難消化性でんぷんは、食物繊維の仲間で、水溶性と不溶性の両方の働きを持っている優れものです。難消化性でんぷんは、冷やすことで、さらにその量が増えると言われています。

その3.ビタミンCが豊富

ビタミンCは、腸を刺激して便通を促す働きや、腸内の善玉菌を増やす働きがあり、便秘解消に効果的なビタミンです。ビタミンCは、加熱により活性が失われやすいという特徴がありますが、じゃがいもに豊富に含まれるビタミンCは、豊富なでんぷん質に守られるため、熱に強いという特性があります。

スポンサーリンク


じゃがいもにはこんな健康効果もある!


じゃがいもには、便秘解消のほかにも、以下のような健康効果が望めます。

1.高血圧予防

じゃがいもに豊富に含まれるカリウムによる効果です。カリウムには、塩分を排出する働きがあります。高血圧によって引き起こされる動脈硬貨の予防にも効果的です。

2.疲労回復

ジャガイモに含まれるパントテン酸による効果です。パントテン酸は、イライラを予防する効果も望めます。

3.痛風予防

じゃがいもは、アルカリ性の食品で、血液や尿の酸化を抑え、尿酸値を下げる働きが望めます。

ただし、ここに注意!


じゃがいもは、血糖値を急激に上げやすい高GI値食品に該当します。血糖値が急激に上がると、肥満につながりやすいです。そのため、じゃがいもの食べ過ぎや食べ方には注意が必要です。

じゃがいもを食べる場合は、まずは、先に食物繊維やタンパク質を多く含む食品を食べてから、その後に食べるように心がけましょう。そうすることで、血糖値の急激な上昇を抑えることができます。

また、調理方法にも工夫が必要です。ポテトチップスやフライドポテトなど、油で揚げたものはカロリーが高いので、食べすぎるとカロリーオーバーによる肥満を招く怖れがあります。

じゃがいもは、1日に小1個(100グラム程度)を目安として摂取してください。

じゃがいもの芽や青い皮の部分には、有害なソラニンが含まれるため、皮は厚めに取り除いたほうが安心です。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加