ポップコーンの便秘解消効果について

便秘の解消にポップコーンが効果的な理由について

このエントリーをはてなブックマークに追加

ポップコーンの便秘解消効果


スナック菓子のポップコーンには、便秘解消効果に加え、数々の健康効果が望めるようです。なぜ、便秘の解消にポップコーンが効果的なのか?その理由や、ポップコーンの健康効果、食べる際に気をつけたい点についてお伝えします。

ポップコーンが便秘に効く理由


ポップコーンが便秘の解消に効果的なのは、食物繊維が豊富に含まれているという点にあります。ポップコーンには、100グラム当たりおよそ10グラムから13グラムもの食物繊維が含まれています。これは、ポップコーンの原料として使用されているコーン(とうもろこし)が、全粒穀物であるためです。全粒穀物は、精製処理が行われていない分、食物繊維が豊富に含まれています。

ポップコーンに豊富に含まれているのは、不溶性の食物繊維で、便のかさを増やすことで、腸を刺激して、ぜん動運動を活発に動かす働きに優れています。この働きによって、便秘で滞留した便もうまく押し出すことができるため、優れた便秘解消効果が望めます。

スポンサーリンク


さらに、ポップコーンは、第3の食物繊維と呼ばれているレジスタントスターチ(難消化性でんぷん)も豊富に含まれています。レジスタントスターチは、不溶性食物繊維としての働きに加え、腸内の善玉菌のエサとなって増殖を助けるという水溶性食物繊維としての働きも望めます。

また、ポップコーンは、スナック菓子として食べやすく、ある程度まとまった量をストレスなく摂ることができる点も、便秘解消のためにプラスに作用することになるでしょう。

ポップコーンにはこんな健康効果もある!


ポップコーンには、食物繊維の他に、抗酸化作用のあるポリフェノールも豊富に含まれています。ポップコーンに含まれるポリフェノールは、野菜や果物に含まれるポリフェノールよりも水分が少ない分、凝縮されている分さらに豊富です。ポップコーンと野菜と果物のそれぞれの一回に平均的な食べる量に含まれるポリフェノールの量を比較したところ、ポップコーンがダントツに多かったということです。

とうもろこしに含まれているポリフェノールは、フェルラ酸で、これは食品の酸化防止剤としても使用されるほど、優れた抗酸化力を持っています。

この優れた抗酸化作用により、美肌効果、老化予防に加え、糖尿病、認知症(アルツハイマー型)、高血圧、高脂血症などの幅広い疾患の予防効果が認められているようです。

ただし、ここに注意!


便秘解消効果や健康効果を望むのであれば、市販のポップコーンではなく、ポップコーンを手づくりする方法をおすすめします。

市販のポップコーンは、その種類によって多少異なりますが、油脂や塩分、糖質が含まれているものが多いです。そのため、市販のポップコーンを食べすぎると、油脂や塩分の糖質の過剰摂取による健康を損ねるリスクが生じます

手作りすれば、油脂や塩分、糖質の調整が可能になり、それらのリスクを減らすことができます。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加