オリーブオイルの便秘解消効果について

便秘の解消にオリーブオイルが効果的な理由について

このエントリーをはてなブックマークに追加

オリーブオイルの便秘解消効果


欧米では、便秘予防のために飲む習慣があるほど、オリーブオイルは便秘解消効果が高いことで知られています。なぜオリーブオイルは便秘の解消に効果的なのか?その理由やオリーブオイルの健康効果、摂取の際に気をつけたい点についてお伝えします。

オリーブオイルが便秘に効く理由


理由その1:オレイン酸が豊富

オリーブオイルには、不飽和脂肪酸であるオレイン酸が豊富に含まれています。オレイン酸は、消化吸収されにくいため、大腸に届きやすく、そこで便秘解消によい働きを行います。

オレイン酸は、腸を適度に刺激して、ぜん動運動を活発にします。便秘は、多くの場合、ぜん動運動の働きが鈍るために引き起こされるので、オレイン酸によってぜん動の働きがよくなれば、便秘も解消しやすい、というわけです。

さらにオレイン酸は、便のすべりをよくする潤滑油としての役目も果たしてくれます。油分(脂肪分)が不足した場合も、便のすべりが悪くなるために便秘になりやすいようです。

理由その2:抗酸化物質が豊富

便秘ですと、腸内に溜まった便に群がる悪玉菌により毒素や有害物質が増え、それと共に活性酸素も増えやすくなります。活性酸素は、腸の細胞にダメージを与え、腸の働きを低下させるため、その結果、ますます便秘が悪化するという悪循環が生じます。

オリーブオイルには、活性酸素の発生を強力に抑えることができる抗酸化物質(ポリフェノールやビタミンE)が豊富に含まれているため、便秘による悪循環を食い止めることができます。

スポンサーリンク


オリーブオイルにはこんな健康効果もある!


オリーブオイルに豊富に含まれるオレイン酸やビタミンEやポリフェノールなどの抗酸化物質により、便秘解消の他にも、様々な健康効果が望めます。オリーブオイルの主な健康効果は以下の通りです。

1.老化予防

オリーブオイルに豊富に含まれるビタミンEやポリフェノールなどの抗酸化物質による効果です。特に肌や髪の老化の予防に効果があるため、シミ、シワ、白髪、抜け毛などの予防効果が大きいようです。

2.動脈硬化予防

オリーブオイルに豊富に含まれるオレイン酸による効果です。オレイン酸は、動脈硬化の原因である悪玉コレステロールを減らす働きに優れています。また、血液をサラサラにする働きも望めます。

3.がん予防

オリーブオイルに豊富に含まれる抗酸化物質による効果です。特に乳がんの予防効果が高いことで知られているようです。

4.その他

認知症予防、骨粗しょう症予防、関節リウマチなどの予防効果も認められています。

ただし、ここに注意!


オリーブオイルの便秘解消効果や健康効果を最大限に引き出したいのであれば、エキストラバージンオイルを生のまま飲むことをおすすめします。直接飲むのに抵抗がある場合は、ヨーグルトなどに混ぜても大丈夫です。

ただし、オリーブオイルは高カロリーなので、過剰摂取には注意が必要です。1日の摂取目安は、大さじ1杯〜2杯です。

オリーブオイルは、酸化に強い油ですが、光に弱く、光に当たると酸化が進みます。また、低温では固まってしまうので、冷蔵庫保管はNGです。日の当たらない常温の場所で保管してください。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加