納豆の便秘解消効果について

便秘の解消に納豆が効果的な理由について

このエントリーをはてなブックマークに追加

納豆の便秘解消効果


納豆は、健康効果の高い食品としてよく知られていますが、便秘の解消にも優れた効果が期待できます。なぜ、納豆が便秘解消に効果的なのか?その理由をはじめ、納豆の健康効果、便秘解消におすすめの食べ方などについてもお伝えします。

納豆が便秘に効く理由


その1.食物繊維が豊富

納豆には、不溶性食物繊維と水溶性の食物繊維の両方が豊富かつバランスよく含まれています。納豆に含まれる不溶性と水溶性の両方の食物繊維のバランスは、100グラム当たり不溶性食物繊維がおよそ4.4グラム、水溶性の食物繊維が2.3グラムと、その比率は、ほぼ2:1という、便秘解消にとって最も理想的なバランスとなっています。

不溶性の食物繊維は、便のかさを増やし、腸を刺激して、便通を促す働きに優れています。水溶性の食物繊維は、便の水分量を増やして、便を軟らかくして、排便をスムーズにする働きに優れています。また、腸内の善玉菌のエサとなって、増殖を助けることで善玉菌を増やす働きも望めます。

その2.大豆オリゴ糖が腸内の善玉菌を増やす

納豆には、大豆オリゴ糖が豊富に含まれています。オリゴ糖は、腸内の善玉菌(ビフィズス菌)の大好物です。大豆オリゴ糖は、他の種類のオリゴ糖と比べて、極少量でも善玉菌を増やす働きが十分に望めるようです。

スポンサーリンク


その3.納豆菌が善玉菌を増やし悪玉菌を減らす

納豆菌は、大豆を発酵させて納豆を作るのに必要な菌ですが、優れた抗菌力を持ち、腸内の悪玉菌の繁殖を強力に抑える働きや善玉菌を増やす働きに優れています。

納豆にはこんな健康効果もある!


納豆には、食物繊維、大豆オリゴ糖、納豆菌の他にも、数々の健康によい成分が豊富に含まれています。これらの成分によって期待できる健康効果は、以下の通りです。

1.血栓を予防

納豆に含まれるナットウキナーゼによる効果です。血栓が原因で起こる心筋梗塞、脳梗塞の予防も期待できます。

2.老化予防

納豆に含まれるポリアミンによる効果です。細胞の再生に不可欠な成分で、体内でも生成できますが、加齢とともに生成能力が低下するため、積極的な摂取が望まれます。

3.デトックス効果

大豆レシチンによる効果です。

4.骨粗しょう症予防

納豆に含まれるカルシウムやビタミンKによる効果です。

5.更年期障害の緩和

納豆に含まれる大豆イソフラボンによる効果です。

6.疲労回復

納豆に含まれているビタミンB群による効果です。

納豆のおすすめの食べ方


納豆ごはんなど、納豆をそのまま食べるだけでも便秘解消効果は十分に期待できますが、さらにその効果をアップさせるためには、植物性の乳酸菌が豊富なキムチと混ぜて、キムチ納豆にする食べ方をおすすめします。

個人差はあるものの、多くの方がキムチ納豆による優れた便秘解消効果を実感されているようです。

アレンジとして、さらにそこにめかぶをプラスしたり、オリーブオイルをプラスすることで、さらに便秘解消効果のアップが望めます。

ただし、食べ過ぎに注意!


納豆には、セレンやプリン体も豊富に含まれるため、食べすぎると、それらの過剰摂取により、肝機能障害や尿酸過多などの健康に支障が生じる怖れがでてきます。

1日2パック(100グラム)が上限です。1パックでも十分な効果が得られます。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加