キムチの便秘解消効果について

便秘の解消にキムチが効果的な理由について

このエントリーをはてなブックマークに追加

キムチの便秘解消効果


数ある便秘解消効果のある食品の中でも、キムチには、抜群といえるくらい、極めて優れた効果が望めます。なぜ、キムチの便秘解消効果は、それほどまでに優れているのでしょうか?その理由や、キムチの主な健康効果、食べる際の注意点についてお伝えします。

キムチが便秘の解消に効果的な理由


理由その1:キムチは植物性乳酸菌の宝庫

キムチには植物性の乳酸菌が桁外れに豊富に含まれています。キムチには、わずか1グラムにおよそ8億以上もの乳酸菌が含まれています。ちなみに、乳酸菌が豊富なことで有名なヨーグルトには、1mlにおよそ1000万以上の乳酸菌が含まれています。単純に比較しても、キムチに含まれる乳酸菌の量がどれくらい豊富であるかは、容易に理解できるのではないでしょうか?

キムチに含まれる乳酸菌は、その数だけでなく、その種類も100種類以上と豊富です。乳酸菌と人の腸とは、相性があります。摂取する乳酸菌の種類が多ければ多いほど、それだけ、自身の腸と相性のよい乳酸菌にあたる確率も高くなるため、その分、より優れた便秘解消効果が期待できるということになります。

しかも、植物性の乳酸菌は、極めて生命力が強く、胃酸で死滅することなく生きた状態で腸に届きやすい点も見逃せません。生きた状態で腸に届いた植物性乳酸菌は、元々腸内に棲む乳酸菌と同様に発酵活動を行って有機酸を増やすことで、悪玉菌の繁殖を抑えたり、ぜん動運動を活発に動かしたりして、便秘解消に効果的に働いてくれるのです。

理由その2:食物繊維が豊富

キムチに使用される白菜や大根などの野菜には、食物繊維が豊富に含まれています。キムチを食べると、不足しやすいといわれている食物繊維をしっかりと補うことができるため、その点も、便秘が解消しやすい理由になります。

理由その3:カプサイシンが豊富

キムチには、トウガラシの成分であるカプサイシンも豊富に含まれています。カプサイシンには、腸を適度に刺激して、ぜん動運動を活発にさせ、便通を促進する働きが望めます。

スポンサーリンク


キムチにはこんな健康効果もある!


1.ダイエット効果

キムチに豊富なカプサイシンによる効果です。カプサイシンには、脂肪を燃やしやすくしたり、基礎代謝を上げたりする働きがあります。

2.疲労回復効果

キムチに使用される野菜に含まれるビタミンB群による効果です。ビタミンB群には、エネルギー代謝を促進する働きがあります。また、キムチに含まれるニラやにんにくには、疲労回復効果の高いアリシンが豊富で、ビタミンB群との相乗効果が望めます。

3.美肌効果

キムチの野菜に含まれるビタミンCやβカロチンの抗酸化作用による効果です。肌細胞の老化の原因である活性酸素が抑えられるため、シワ、しみ、たるみを予防できます。キムチによる整腸効果との相乗効果も大きいです。

4.その他

キムチによって腸内環境が良好な状態に整えられることによって免疫力が向上するため、風邪などの感染症や花粉症などのアレルギー疾患の予防改善効果も望めます。

ただし、食べ過ぎに注意!


キムチには、塩分やトウガラシのカプサイシンが豊富なため、食べ過ぎると胃を荒らしたり、高血圧を招いたりする心配が出てきます。1日50グラムくらいで、十分な効果が期待できます。

また、なおいっそうの優れた便秘解消効果を望むのであれば、キムチ+納豆+めかぶの組み合わせをおすすめします。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加