幼児や子供のオリゴ糖の摂取について

幼児や子供の便秘にもオリゴ糖はおすすめ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

幼児や子供の便秘とオリゴ糖


オリゴ糖は、幼児や子供の便秘にも優れた効果が望めます。オリゴ糖を幼児や子供に与えることは、便秘解消だけでなく、様々なメリットも期待できるようです。オリゴ糖が幼児や子供の便秘におすすめの理由について、詳しくお伝えします。

オリゴ糖が幼児や子供の便秘によく効く理由


オリゴ糖には、腸内の善玉菌を確実に増やす働きが実証されています。オリゴ糖は、腸内の善玉菌の大好物であり、腸内にオリゴ糖があると、善玉菌はオリゴ糖に真っ先に飛びついて増殖活動(発酵活動)を活発に行うようです。

善玉菌は、オリゴ糖を食べて増殖する際に、副産物として酪酸や乳酸、酢酸などの有機酸を産出します。有機酸には、腸内の悪玉菌の活動を抑制する、腸の動きを活発にさせるなど、便通を促進する働きがあります。

腸内の善玉菌が増えれば増えるほど、有機酸も増えるために、より優れた便秘解消効果が期待できます。

スポンサーリンク


オリゴ糖は幼児や子供にも安心して与えることができる


オリゴ糖は、母乳にも含まれている天然の成分で、赤ちゃんにも与えることができるくらい安全性の高いものです。そのため、オリゴ糖は、幼児や子供にも安心して与えることができます。

オリゴ糖は、便秘薬ではないので、副作用もなく、耐性がついたり、依存する心配もありません。

幼児や子供の頃から腸内環境を整えておくことのメリット


幼児や子供にオリゴ糖がおすすめできるのは、オリゴ糖がただ単に便秘に効くというだけでなく、善玉菌が増えることで腸内環境を良好な状態に整えられるからです。

腸内環境が良好な状態に整えられていれば、善玉菌たちのサポートによって免疫細胞もしっかり働いてくれるため、免疫力が強化されます。

腸には、身体全体の7割近くの免疫細胞が集中しているため、その分、影響力も大きくなります。病気知らずの健康体を維持するためには、ひとえに腸内の免疫細胞たちの働きにかかっているといっても過言ではないくらいです。

幼い頃から善玉菌を増やし、腸内環境を良好な状態に整えておけば、免疫力が強化され、病気に負けない丈夫な子供に育ってくれることでしょう。

なお、免疫細胞は、アレルギーの発症にも関係しています。アレルギーは、免疫細胞の働きが鈍って免疫システムが誤作動を起こすことで発症すると考えられています。

オリゴ糖で善玉菌を増やせば、免疫細胞もしっかりと働けるようになるため、免疫システムも正常に機能し、その結果、花粉症やアトピーなどのアレルギー疾患の発症リスクを抑えることができます。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加