便秘にオリゴ糖とヨーグルトが効果的な理由について

便秘にオリゴ糖とヨーグルトが抜群に効く!

このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘に効くオリゴ糖とヨーグルト


オリゴ糖とヨーグルトは、どちらも優れた便秘解消効果があることで知られています。オリゴ糖とヨーグルトを組み合わせることによって、抜群といえる相乗効果が期待できます。今回は、まさに便秘解消のためのゴールデンコンビといえる オリゴ糖とヨーグルトの組み合わせについて詳しくお伝えします。

ヨーグルトが便秘に効く理由


ヨーグルトは、乳酸菌の宝庫といえるくらい、たくさんの乳酸菌が含まれています。ヨーグルトを摂取すると、それだけ多くの乳酸菌を腸に届けることになります。生きた状態で腸に届いた乳酸菌は、腸内にいる間、発酵という増殖活動を行います。その際に、乳酸や酢酸などの有機酸を生成します。

有機酸は、腸の働きを活発にする、悪玉菌の繁殖を抑えるなど、スムーズな排便を促すために数々のよい働きを行います。

乳酸菌が胃酸などで死滅してしまった場合も、菌体が腸内に棲む善玉菌のエサとなって、増殖を助けることで、結果的に腸内の有機酸を増やすことができます。

いずれの場合も、ヨーグルトを摂取すると、結果的に腸内の有機酸を増やすことができるということです。これこそが、ヨーグルトが便秘に効く最大の理由といえます。


オリゴ糖が便秘に効く理由


オリゴ糖も、腸内の善玉菌を増やすことで、善玉菌が増殖の際に産出する有機酸を増やすことができます。

しかもオリゴ糖は、善玉菌の大好物であり、腸にオリゴ糖が届くと、善玉菌が真っ先にオリゴ糖に飛びつき増殖活動(発酵)を盛んに行うことになるため、有機酸もどんどん増えます。

その結果、酸に弱い悪玉菌は退治され、腸内環境はよりよい状態に改善されます。腸の働きも活発になるため、便秘の状態も解消しやすいです。

オリゴ糖とヨーグルトの組み合わせで便秘解消効果がパワーアップ


オリゴ糖とヨーグルトのどちらか一方でも、もちろん、それ相応に優れた便秘解消効果が望めます。しかし、両方を組み合わせることで、便秘解消効果のさらなるパワーアップが望めます。単純に考えても、腸内の酸を増やす効果は倍になります。

ヨーグルトとオリゴ糖を組み合わせる方法は、ヨーグルトの甘味として、砂糖の代わりにオリゴ糖を加えるという方法が、やはり簡単でおすすめできます。

無糖のヨーグルトにオリゴ糖を加えると、ヨーグルトの酸味がオリゴ糖の適度な甘みによってまろやかになり、よりおいしく食べることができます。やはり味がよいと無理なく続けることができます。そういった点においても、オリゴ糖とヨーグルトは、非常に相性のよい組み合わせといえるでしょう。

市販されているオリゴ糖には、シロップ状のもの、粉末状のものがありますが、シロップ状のものは、砂糖が添加されているものもあるので、使用に関して注意が必要です。ヨーグルトと組み合わせる場合は、添加物を含まない100%のオリゴ糖であることが望ましいです。

オリゴ糖を含む果物(バナナやりんごなど)にヨーグルトをかけたり、ヨーグルトにはちみつを加えるという方法もあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加