オリゴ糖と乳酸菌の便秘への効果について

便秘にオリゴ糖と乳酸菌はどっちが効果的?

このエントリーをはてなブックマークに追加

オリゴ糖と乳酸菌の便秘への効果


オリゴ糖も乳酸菌も便秘解消のために優れた効果を発揮してくれます。では、いったいオリゴ糖と乳酸菌のどちらの方が、より効果的なのでしょうか?さらに詳しく見ていきましょう。

オリゴ糖が便秘に効果的な理由


オリゴ糖が便秘に効果的なのは、オリゴ糖が腸内の善玉菌の中で最大勢力であるビフィズス菌を確実に増やすことができるからです。ビフィズス菌はオリゴ糖が大好物であるため、オリゴ糖が大腸に届くと、喜んでそれを食べて、増殖活動を盛んに行います。

ビフィズス菌は、増殖の際に副産物として有機酸(酪酸や酢酸など)を産出します。有機酸には、腸内にはびこる悪玉菌の繁殖を抑え、腸内を善玉菌優勢の良好な状態に整える働きがあります。また、腸の働きを活発にして、便通を促す働きもあります。

腸内のビフィズス菌が増えれば、その分、善玉菌が増殖の際に産出する有機酸も増え、腸内環境もよりよい状態に整えられるため、便秘が解消しやすいです。

スポンサーリンク


乳酸菌が便秘に効果的な理由


乳酸菌もオリゴ糖と同じく、腸内の有機酸を増やし、悪玉菌の繁殖を抑えて、腸内環境を良好な状態に整えることで、便秘解消に導くという点では、共通しています。しかし、乳酸菌の場合は、オリゴ糖とは、アプローチや活躍する場所が多少違っています。

オリゴ糖は、大腸に生息するビフィズス菌のエサとなることで、その増殖を助け、腸内の有機酸を増やします。乳酸菌は、自らが善玉菌の仲間として加勢することで、腸内の有機酸を増やします。

乳酸菌が、生きた状態で腸内に届いた場合は、元々腸内に棲む善玉菌と同じような働きが期待できます。単純に考えて、摂取した乳酸菌の分、腸内の善玉菌が増えることになります。生きた状態で腸に届いた乳酸菌は、生存している間は、発酵活動を行って有機酸を産出します。

ただし、生きている乳酸菌が活躍する場所は、主に小腸です。生きている乳酸菌は、主に小腸の状態を良好に保つために働きます。小腸の状態がよくなると、消化吸収がアップするため、結果的に、ぜん動運動も活発になり便秘が解消しやすくなります。

乳酸菌が死菌の場合は、大腸まで届き、そこで善玉菌のエサとなってその増殖を助けることになります。ただし、大腸に棲む善玉菌が最も好んで食べるのは、どちらかといえばオリゴ糖の方なので、善玉菌を増やす働きは、オリゴ糖のほうが優れているといえるでしょう。

生きた乳酸菌が活躍できる小腸は、免疫細胞が集中している場所でもあるので、乳酸菌は、免疫力の強化も期待できます。

オリゴ糖と乳酸菌はどちらも摂取するのが理想的


オリゴ糖と乳酸菌のどちらが便秘に効果あるのかについては、腸内に棲む細菌の種類や構成比が一人一人違っているために、それらの菌との相性によって、オリゴ糖の方が効果的な場合もあれば、乳酸菌の方が効果的な場合が出てくると考えられます。

ただ、そもそもオリゴ糖と乳酸菌では、腸内における活躍の場所やアプローチの仕方が違うために、比べること自体に無理があるといえるかもしれません。

いずれにせよ、便秘を解消させるためには、小腸と大腸のどちらの環境も良好にすることが必要です。ですから、オリゴ糖と乳酸菌のどちらか一方を摂取するよりも、両方を摂取したほうが、より高い効果が望めるということだけは確かです。ヨーグルトにオリゴ糖を混ぜて食べれば、乳酸菌もオリゴ糖もどちらも摂取できます。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加