乳酸菌のとりすぎと逆効果について

乳酸菌のとりすぎは便秘に逆効果?効かない?

このエントリーをはてなブックマークに追加

乳酸菌のとりすぎと逆効果

「過ぎたるは及ばざるがごとし」ということわざもあるように、何事もやりすぎは禁物で、かえって逆効果になるというのは、自然の摂理でもあります。では、乳酸菌の場合はどうなのでしょうか?どんなに便秘解消効果があるといっても、やはり、乳酸菌もとりすぎると逆効果になったり、効かなくなったりしてしまうものなのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

乳酸菌のとりすぎについて


結論から先に言えば、乳酸菌自体は、とりすぎても便秘に逆効果になる心配はありません。乳酸菌のとりすぎが人体に悪影響を及ぼす怖れもありません。

食品などから摂取する乳酸菌は、元々腸内に棲む善玉菌に加勢する形で、便秘解消のために効果的に働いてくれます。しかし、腸内に定着することはできず、いずれは便として体外に排出されてしまいます。

どんなに大量の乳酸菌を腸内に送り込んでも、元々腸内に棲む善玉菌に一時的に加勢することはできても、送り込んだ乳酸菌自体が大幅に増えることはなく、腸内フローラ(腸内に棲む細菌の構成)を乱すようなことも起こりません。

スポンサーリンク


人の腸内には、個人差もありますが、およそ600兆〜1000兆という、おびただしい数の腸内細菌が生息しています。これらの腸内細菌の構成に多大な影響を与えるほどの乳酸菌を食品から大量に摂取することは、実質、不可能と考えてよさそうです。

ただし、乳酸菌を含む食品の摂り過ぎには注意が必要で、それらの食品に含まれる脂肪分やたんぱく質が原因で、逆に便秘が悪化することはあります。

乳酸菌を含む食品のとりすぎは便秘に逆効果


乳酸菌をヨーグルトやチーズなどの乳製品から摂取する場合は、乳酸菌だけでなく、乳脂肪や動物性たんぱく質、糖質など、乳酸菌以外の栄養素も摂取することになります。

乳脂肪や動物性たんぱく質は、腸内に棲む悪玉菌の格好の栄養源となります。そのため、摂りすぎると、悪玉菌の繁殖を助けることなり、腸内環境が乱れ、便秘の悪化を招く怖れが増大します。

尚、食品に含まれている乳酸菌が、その人の腸との相性がよくなかった場合は、例え摂りすぎるくらい摂ったとしても、腸内における働きがほとんど期待できません。それどころか、それらの食品に含まれている動物性たんぱく質や脂肪分が悪玉菌のエサとなり、便秘を悪化させてしまいます。

乳酸菌の適量はどのくらい?


では、便秘解消のために、乳酸菌はどのくらい摂取すればよいものなのでしょうか?通常、腸内環境を改善するためには、およそ1兆個ほどの乳酸菌(死菌の場合)を摂取することが望ましいと言われています。もっともこの数字も、相当にアバウトであるといわざるをえません。

腸内フローラは、一人一人違っていますし、乳酸菌との相性もあり、実際は、どの種類の乳酸菌をどれだけ摂ればよいのかについては、正確な数字を出すこと自体に無理があります。

自分にとって最適といえる量は、さまざまな種類の乳酸菌(ヨーグルトや乳酸菌飲料など)を実際に試してみて、自分の身体で知る以外はなさそうです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加