乳酸菌と食物繊維の便秘解消効果について

便秘に乳酸菌と食物繊維はどっちがより効果的?

このエントリーをはてなブックマークに追加

乳酸菌と食物繊維の便秘解消効果を比較


便秘解消によいものといわれ、乳酸菌や食物繊維が真っ先に思い浮かぶ方も多いでしょう。では、この乳酸菌と食物繊維は、いったいどちらのほうが、より便秘に効果的なのでしょうか?乳酸菌と食物繊維のそれぞれの便秘解消効果について、さらに詳しく見ていきましょう。

乳酸菌の便秘解消へのアプローチ


乳酸菌は、腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を良好な状態に整えるというアプローチにより、便秘を解消します。

食べ物などから摂取した乳酸菌が、胃酸で死滅せず、生きた状態で腸に届いた場合は、腸内に棲む善玉菌と同じように働いてくれます。つまり、腸内の善玉菌の仲間を増やすことになるので、腸内における善玉菌の働きのパワーアップが望めます。善玉菌の増殖活動も盛んになるため、副産物として生成される有機酸の量が増えます。有機酸の量が増えれば、酸の苦手な悪玉菌の繁殖活動を抑える力も強くなります。

さらに有機酸には、腸のぜん動運動を活発にさせる働きもあるので、有機酸が増えれば、その分、ぜん動運動も活発に働くようになるので、便秘で滞留していた便も排出しやすくなります。

尚、乳酸菌が胃酸で死滅して、死菌として腸内に届いた場合でも、善玉菌の栄養源となって増殖を助けることができるので、結果的には、生きて届いた乳酸菌と似たような働きが望めます。

スポンサーリンク


食物繊維の便秘解消へのアプローチ


食物繊維は、それぞれ働きの違う不溶性と水溶性の2種類の食物繊維による2通りのアプローチで便秘を解消します。

不溶性の食物繊維は、便のかさを増やすことで、腸を刺激しぜん動運動を活発にするというアプローチで、便秘解消へと導きます。また、不溶性の食物繊維は、腸内の老廃物や毒素などもからめとって便と一緒に排出するという働きも望めます。

水溶性の食物繊維は、便の水分量を増やすことで、便を排出しやすい軟らかい状態に整えるというアプローチで、便秘を解消します。また、水溶性の食物繊維は、腸内に棲む善玉菌の栄養源となって、増殖を助ける働きもあります。

乳酸菌と食物繊維はどっちが便秘により効果的?


一部共通している部分もあるとはいえ、乳酸菌と食物繊維では、便秘解消のためのアプローチが異なるために、どっちがより便秘に効果的かについては、比較のしようがない、というのが本当のところです。

また、便秘の原因によっても、食物繊維が効果的な場合もあれば、乳酸菌が効果的な場合も出てきます。例えば、腸内環境の悪化が原因の便秘は、乳酸菌の方が効果的ですし、食事内容が原因の便秘の場合は、食物繊維の摂取量を増やすことで、あっさり便秘が解消する場合も少なくありません。

このようにどちらがより効果的であるかは、一概に言えません。ただ、どちらか一方を摂取するよりも、やはり乳酸菌と食物繊維の両方を接するほうが、便秘解消のためには、より効果的であるということだけは、確かです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加