幼児や子供の便秘と乳酸菌について

便秘に悩む幼児や子供には乳酸菌を摂らせよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

幼児や子供の便秘と乳酸菌


幼児や子供の便秘解消法は、いくつかありますが、その中では、やはり「乳酸菌を摂らせる」という方法がおすすめできます。乳酸菌を幼児や子供におすすめしたいのは、ただ単に便秘に効くからという理由だけではありません。さらに詳しくお伝えします。

幼児や子供の便秘の主な原因と解消法について


幼児や子供が便秘になったときに、まずは水分を多めに摂らせるようにしてみてください。水分不足は、幼児や子供の便秘の原因として、比較的よくあるケースだからです。水分が不足すると、身体は水分を溜め込もうとするため、必然的に便の水分量が足りなくなって便が硬くなってしまいます。

硬くなった便は排出しづらいものです。特に幼児の場合は、腹筋が弱いため、なおさら硬い便をうまく排出できず便秘になりやすいと考えられます。実際、幼児の場合、水分不足が解消されれば、あっさり便秘が解消するケースはけして少なくありません。

その他にも、幼児や子供が便秘になる主な原因としては、大人の便秘の原因と同様に、運動不足、食物繊維不足、砂糖や動物性たんぱく質の摂りすぎ、ストレス、風邪による内臓機能の低下などが考えられます。いずれの場合も、それらの原因を取り除くことによって、便秘の解消が望めます。

スポンサーリンク


なぜ、便秘の解消に乳酸菌が効果的なのか?


便秘の解消に乳酸菌が効果的なのは、乳酸菌を摂取することで、元々腸内に棲む善玉菌を増やすことができるからです。善玉菌には、悪玉菌の繁殖を抑える働きや、腸のぜん動運動を活発にする働き、腸の免疫細胞を元気にする働きがあります。当然、善玉菌が増えれば増えるほど、これらの働きのパワーアップが望めます。

生きたまま腸に届いた乳酸菌は、腸内の善玉菌の仲間として、善玉菌としての働きのパワーアップに貢献します。死菌として腸に届いた乳酸菌は、腸内の善玉菌のエサとなることで善玉菌を増やすことに役立ちます。

特に便秘の状態は、悪玉菌がパワーアップしやすく、逆に腸内の善玉菌のパワーダウンしやすい状態でもあります。乳酸菌を摂取すれば、善玉菌を増やし、その働きをパワーアップさせることができるので、便秘が解消しやすいのです。

幼児や子供の便秘解消に乳酸菌がおすすめの理由


乳酸菌が便秘によく効くからという以外にも、幼児や子供にとって、乳酸菌がおすすめなのは、以下のような理由もあるからです。

理由その1 副作用がない

幼児や子供の便秘の解消に便秘薬を用いるという方法は、確かに即効性は望めるかもしれませんが、やはり、薬である以上、副作用が心配です。さらに便秘薬には依存性や耐性もあり、その点も幼児や子供には望ましくありません。その点、乳酸菌には、副作用の心配も依存性や耐性の問題もなく、安全で安心して与えられる点がおすすめです。

理由その2 免疫力が強化できる

乳酸菌の働きによって腸内の善玉菌が増えれば、その分、腸の免疫細胞を元気にする働きのパワーアップが望めます。腸は、最大の免疫器官でもあり、身体全体の70%近くの免疫細胞が腸に集中しているため、腸の免疫細胞が元気になれば、病気に負けない丈夫な体がつくれます。

理由その3 アレルギー疾患を予防できる

腸の免疫細胞は、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患とも深く関係しています。腸の免疫細胞が元気になれば、これらのアレルギー疾患を予防できます。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加