乳酸菌の効果と腸内での働きについて

便秘に乳酸菌は効果アリ?腸内での働きに秘密が

このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘を解消する乳酸菌の効果と働き


乳酸菌は、便秘解消効果に優れていることでよく知られています。そもそもなぜ乳酸菌は、便秘に効果があるのでしょうか?実はその効果の秘密は、乳酸菌の腸内での働きに隠されているようです。さらに詳しく見ていきましょう。

乳酸菌の腸内での働きについて知ろう


乳酸菌の種類は非常に豊富で、人それぞれに生息している乳酸菌の種類にも違いがあります。種類は違えど、乳酸菌の腸内における主な働きは、ほぼ同じです。

乳酸菌は腸内において、糖分などを栄養源として、発酵という増殖活動を行います。増殖活動の際に副産物として、乳酸などの有機酸を生成します。有機酸は、文字通り酸性の物質で、腸内を酸の多い環境に整え、酸に弱い悪玉菌の繁殖を抑え込むのに役立っています。また、有機酸には、腸を刺激してぜん動運動を活発にし、便通を促す働きもあります。

有機酸は、腸に大多数存在(身体全体の7割近く)する免疫細胞を活性化させる働きも持っています。腸の消化吸収を助け、ビタミンやホルモンの生成にも関係しています。

このように有機酸は、便秘解消だけでなく、健康維持のためにも大変に重要な役割を果たしてくれているのです。

そして、乳酸菌は、腸内において「有機酸」を生産する貴重な働き手ということになります。

スポンサーリンク


乳酸菌が便秘に効果的な理由


乳酸菌が便秘に効果的なのは、ひとことでいえば、その腸内における働きにより、元々腸内に棲む善玉菌の働きをパワーアップさせることが大いに望めるからです。

便秘ですと、腸内に滞留した便をエサに悪玉菌の繁殖活動が盛んになるため、逆に善玉菌の繁殖が抑え込まれ、その数を減らすことになります。善玉菌が減れば、腸内における働きも低下するため、腸内環境が悪化し、ますます便秘が解消しにくい状態に陥ってしまうのです。

食品などから乳酸菌を摂取することは、便秘のために腸内において劣勢になっている善玉菌に援軍を送り込むことになるわけです。援軍として送り込まれた乳酸菌は、その腸内における働きにより、悪玉菌の繁殖を抑え、その数を減らします。援軍として送り込まれた乳酸菌の働きにより、劣勢になっていた善玉菌も、徐々に勢力を盛り返すことができるため、便秘が解消しやすいのです。

尚、胃酸にやられ死滅した乳酸菌も元々腸内に棲む善玉菌のエサとなることで、増殖を助け、その数を増やし、腸内における善玉菌の勢力を盛り返すことに、大いに役立っています。

ただし便秘に乳酸菌が効かない場合も


効かない理由その1 相性がよくない

元々腸内に棲む乳酸菌との相性がよくない場合は、仲間外れのようなことが起こり、せっかく送り込んだのに、援軍としての役割を果たせない場合も起り得るようです。また、腸そのものとの相性も関係していて、合わない場合は、やはり働きが期待できないようです。

効かない理由その2 摂取方法に問題がある

これは、乳酸菌を主にヨーグルトから摂取している場合によく起こることですが。乳製品が体質に合わないことや、ヨーグルトが冷えすぎていることに問題がある場合が多いです。

冷えすぎたヨーグルトは、中に含まれる乳酸菌も冷えて働きが低下してしまっています。さらに、冷たいヨーグルトは腸を冷やして、腸そのものの働きも低下させるため、便秘に逆効果になることもあります。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加