便秘に効く乳酸菌を含む発酵食品について

便秘に効く乳酸菌は発酵食品に多く含まれている

このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘に効くといわれている乳酸菌は、発酵食品に多く含まれています。乳酸菌の種類は、それぞれの発酵食品によって実に様々です。そのため、便秘解消効果を上げるためには、なるべくたくさんの発酵食品を摂取して、いろいろな種類の乳酸菌を腸内に送り込むことが望ましいです。そこで今回は、積極的な摂取が望ましい発酵食品をご紹介します。

ヨーグルト

ヨーグルト


言わずと知れた乳酸菌を豊富に含む発酵食品の代表格です。原料である牛乳を酵母や乳酸菌で発酵させて作られています。ヨーグルトそのものも種類が非常に豊富で、各メーカーによって、ヨーグルトに含まれる乳酸菌の種類も異なっています。それぞれの乳酸菌特有の効能を持っていますが、どの乳酸菌も、便秘解消効果があるという点では、共通しています。

チーズ

チーズ


チーズにもたくさんの乳酸菌が含まれています。チーズは、原料である牛乳を乳酸菌、酵母、白カビなどの微生物で発酵熟成させて作られます。

生きた乳酸菌が含まれているのは、加熱処理されていないナチュラルチーズです。プロセスチーズなどの加熱処理されているものに含まれている乳酸菌は死菌です。乳酸菌は、生菌でも死菌でも、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を良好な状態に整える働きが望めます。この働きによって、便秘が解消しやすいです。

スポンサーリンク


キムチ

キムチ


韓国の漬物であるキムチは、白菜やニラなどの野菜を発酵させて作られます。100種類以上という実に数多くの種類の植物性乳酸菌が含まれています。植物性の乳酸菌は、胃酸に強く、生きた状態で腸に届きやすく、腸内において便秘解消のために効果的な働きが望めます。

キムチは、食物繊維も豊富なので、便秘解消に関しては発酵食品の中でも極めて優秀といえます。ただ、日本産のキムチは、発酵調味液などを使用して発酵過程を短縮して作られたものも多いようです。それらのキムチは、唐辛子やにんにく、魚介類などでじっくりと時間をかけて熟成発酵させた本場のキムチに比べると、どうしても乳酸菌の数が少なくなるようです。(それでも十分に豊富ではあるようですが)

より優れた便秘解消効果を得るためには、本場韓国産キムチのように、じっくりと発酵させ熟成されたものを選ぶようにしましょう。

漬物

漬物

日本の伝統的な保存食で、糠漬け、塩漬け、みそ漬けなど、その種類は実に豊富ですが、どの漬物も野菜を発酵させて作られているため、植物性の乳酸菌が豊富に含まれています。

ただ、市販品の漬物の中でも、発酵調味液や化学調味量、人工甘味料、保存量(ソルビン酸など)が使用されているものは、乳酸菌の数が少なめのようです。より高い便秘解消効果を臨むのであれば、昔ながらの製法で作られたものを選ぶようにしましょう。できれば手作りをおすすめします。

海外の漬物であるピクルスやザワークラウト(キャベツの塩漬け)にも乳酸菌が豊富で、便秘解消効果が期待できます。

味噌

味噌


大豆を発酵させて作られる味噌にも、植物性乳酸菌が豊富に含まれています。より高い便秘解消効果を得るためには、長期間(1年以上)じっくりと発酵し、熟成させた天然醸造の味噌を選んでください。加熱されているものや、化学調味料が添加されているものは効果が下がります。

その他の発酵食品


米麹で発酵させて作る甘酒、メンマ、塩麹、醤油、発酵バターなどにも乳酸菌が含まれています。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加