便秘,解消,妊婦,座薬

妊婦さんの便秘に座薬は使っても大丈夫?

このエントリーをはてなブックマークに追加

座薬と妊婦さん


便秘解消の方法のひとつに座薬タイプの便秘薬を用いるというものがあります。座薬は、服用するタイプの便秘薬に比べて、副作用が少なく即効性があるのが魅力です。では、果たして妊婦さんが便秘解消のために座薬を用いても大丈夫なのでしょうか?詳しくお伝えします。

座薬タイプの便秘薬について


座薬タイプの便秘薬は、肛門に挿入することで、座薬に含まれる有効成分(炭酸ガスなど)によって腸を刺激し、ぜん動運動が促して、便を出しやすくするという便秘薬です。浣腸も同じく腸に刺激を与えて排便を促しますが、座薬のほうが浣腸に比べて刺激が少なく、作用も比較的穏やかなようです。

また、座薬タイプの便秘薬の場合、影響を受けるのは腸だけにとどまるために、服用するタイプの便秘薬に比べて、お腹の赤ちゃんへの影響が出にくいと考えられています。実際、座薬タイプの便秘薬は、妊婦さんの便秘解消のために産婦人科でもよく処方されているようです。

スポンサーリンク


妊婦さんのが座薬を使う場合は注意が必要


妊婦さんが便秘解消のために座薬を使用する場合は、産婦人科で診断を受けて、処方してもらうという方法をとる必要があります。医師の診断のもとで処方された座薬を用いるのが、やはり、妊婦さんにとって一番安心です。

妊婦さんが、自己判断で市販の座薬を使用することは、できれば避けた方が賢明といえるでしょう。座薬タイプの便秘薬も副作用が少ないとはいえ、まったくないというわけではありません。作用が強すぎた場合は、下痢を起こす心配が出てくるようです。

下痢は、脱水症状を招き、妊婦さんの身体に大きなダメージを与えます。また、ごく稀ではありますが、人によっては、深刻な副作用(激しい腹痛、血圧の急降下、手足の冷え、ショック症状など)を及ぼす場合もあるようです。

また、妊婦さんが痔を患っている場合、座薬タイプの便秘薬を使用することで、硬い便を出すことになるため、痔の症状を悪化させてしまう危険性が高まります。

妊婦さんにとって、服用するタイプの便秘薬を使用するよりは、座薬タイプのほうが、まだ好ましいといえるかもしれませんが、リスクが生じる以上は、お腹の赤ちゃんのために慎重になるべきでしょう。

座薬はその場しのぎ


妊婦さんが便秘を座薬で解消することができたとしても、やはり、その場しのぎで、根本的な便秘解消には至りません。一番避けたいのは、妊婦さんが便秘するたびに座薬に頼るというパターンに陥ってしまうことです。

座薬にばかり頼って便を出していると、次第に腸は座薬がないと動いてくれなくなってしまい、最終的には、座薬なしでは排便できなくなる怖れが出てくる点も見逃せません。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加