野菜ジュースと妊婦さんの便秘について

妊妊婦さんは便秘予防に野菜ジュースを飲みましょう

このエントリーをはてなブックマークに追加

野菜ジュースと妊婦さん


野菜ジュースも便秘解消効果に優れた飲み物です。野菜ジュースは、妊婦さんの便秘解消にもおすすめできます。また、野菜ジュースは、妊婦さんの健康維持やお腹の赤ちゃんの健やかな発育にも効果的な飲み物です。さらに詳しくお伝えします。

野菜ジュースが便秘に効く理由


野菜ジュースには、食物繊維やビタミンC、マグネシウムなど便秘に効果的な栄養素が豊富に含まれています。

野菜ジュースには、水溶性の食物繊維が豊富です。水溶性の食物繊維は、腸内細菌の善玉菌の栄養源となります。善玉菌は、水溶性の食物繊維を食べて増殖活動を行います。つまり、水溶性の食物繊維は善玉菌を増やす働きがあるということです。

善玉菌は、増殖する際に副産物として、乳酸や酢酸などの有機酸(短鎖脂肪酸)と呼ばれる酸を生成します。これらの有機酸の働きによって、腸内の悪玉菌の繁殖を抑えることができます。また、有機酸は、腸の働きを活発にして、ぜん動運動を促す働きもあります。

スポンサーリンク


同様にビタミンC(アスコルビン酸)は、善玉菌の栄養源となって、増殖を助ける働きがあります。しかもビタミンCには、ストレスを緩和する働きもあるために、痙攣性便秘などのストレス性の便秘にも効果的です。

マグネシウムは、便を軟らかくする働きがあり、緩下剤の成分としても使用されています。

これらの栄養素は、元々野菜に含まれているものですが、野菜ジュースにすることで、それらの成分が凝縮され、少ない量でもたくさん摂れるため、効率よく便秘を解消できます。

野菜ジュースは妊婦さんにおすすめの理由


野菜ジュースには、妊婦さんの健康維持やお腹の赤ちゃんの発育に必要な栄養素が豊富に含まれています。ジュースになっている分、より多くの野菜の栄養素を摂取することができます。

特に妊婦さんは、お腹の赤ちゃんの先天性障害の発症リスクを軽減するために葉酸を積極的に摂取する必要があります。野菜ジュースには、野菜の栄養素が凝縮されて入っている分、葉酸も豊富に含まれています。

このほかにも野菜ジュースには、鉄分やカルシウムなども豊富で、妊婦さんの貧血を予防し、骨や歯を丈夫にする働きも望めます。

ただし、ここに注意!


野菜ジュースは、手作りのものが最も効果的で、妊婦さんに特におすすめできます。手作りですと、野菜に含まれている栄養素の損失を極力抑えることができるからです。また、野菜に含まれている酵素も摂取することができます。酵素には、腸の消化活動を助ける効果が望めます。

市販の野菜ジュースの場合は、製造工程で加熱殺菌されるため、ビタミンCや酵素が大幅に減ってしまうようです。

市販の野菜ジュースの中には、砂糖や食塩、香料、保存料などが添加されているものもあるので、砂糖や添加物の入ったものは、妊婦さんは避けてください。

また、摂りすぎると便秘に効きすぎて逆にお腹が緩くなる心配も出てきます。ジュースにする野菜の種類によって栄養成分の構成は違ってきますが、一応、コップ1杯程度を目安にしてください。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加