妊婦さんの便秘とウォーキングについて

妊婦さんの便秘にはウォーキングが効果的!

このエントリーをはてなブックマークに追加

妊婦さんのウォーキング


妊婦さんの便秘解消には、ウォーキングが効果的です。ウォーキングは、妊婦さんにとって便秘解消だけでなく、安産のためにもおすすめできる運動です。妊婦さんの便秘にウォーキングがいかに効果的に働いてくれるのか、さらに詳しくお伝えします。

適度な運動による便秘解消効果


ウォーキングは、妊婦さんの運動不足を解消するのに最適な運動といえます。ウォーキングによって、スムーズな排便に必要な筋肉が鍛えられます。また、ウォーキングによって、血液の循環がよくなり、腸にも十分な栄養や酸素が届けられます。その結果、腸のぜん運動も活発になり、便秘が解消しやすいです。

また、足の裏はツボの宝庫で、土踏まずの周辺に便秘に効くツボが集中しているようです。ウォーキングで、それらのツボが適度に刺激されることによる便秘解消効果も望めます。

スポンサーリンク


自律神経の安定による便秘解消効果


ウォーキングには、自律神経を安定させる効果もあります。これはウォーキングによって、血流がよくなると脳に行きわたる酸素の量も増えるため、自律神経の安定に関与するホルモンが盛んに分泌されるからのようです。

自律神経が安定すれば、腸の働きをコントロールしている副交感神経も正しく機能するために、ぜん動運動も活発に働いてくれるようになります。結果、便をスムーズに排出できるようになり、便秘が解消します。

ちなみに5分以上のウォーキングによって脳内ホルモンのセロトニンが、さらに20分以上のウォーキングでは、βエンドルフィンやドーパミンが分泌します。これらの脳内ホルモンの働きにより、ウォーキング中に幸福感が増すため、ストレス解消効果も望めます。

妊婦さんのウォーキングの際の注意点


妊婦さんがウォーキングを行う場合は、あらかじめ主治医の許可を得てから始めるようにしてください。

切迫流産や切迫早産の危険性のある場合、胎盤に異常のある場合、貧血などの症状のある場合は、ウォーキングだけでなく、運動そのものを控える必要が出てくるからです。

問題がない場合でも、妊娠中期の安定期に入った頃から始めるのが理想的です。

最初は10分程度から始めて、30分くらいまで時間を延ばすと効果的です。無理のないペースを心がけましょう。交通量が少なく歩道のあるコースを選んでください。

母子手帳、診察券、健康保険証は、必ず一緒に持って歩くようにしましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加