りんごと妊婦さんの便秘について

りんごは妊婦さんの便秘の解消し健康へと導く

このエントリーをはてなブックマークに追加

りんごと妊婦さん


りんごは、便秘解消効果の高い果物です。りんごは、妊婦さんの便秘にもおすすめできます。また、りんごの持つ数々の効能は、妊婦さんの健康維持やお腹の赤ちゃんの健やかな発育のためにもおすすめできるものばかりです。さらに詳しく見ていきましょう。

りんごが便秘に効く理由


りんごが便秘に効く理由は、端的に言えば、便秘に効く成分が豊富に含まれるからということになります。

1.アップルペクチン

りんごに含まれている水溶性の食物繊維です。アップルぺクチンには、腸内細菌である善玉菌のエサとなって、増殖を助ける働きが望めます。善玉菌は、増殖の際に乳酸や酢酸など有機酸をたくさん産出します。これらの有機酸が増えれば増えるほど、腸内の悪玉菌の繁殖が抑えられます。

さらにアップルペクチンには、便を柔らかくして排出しやすくするという働きもあります

2.セルロース

りんごに含まれている不溶性の食物繊維です。不溶性の食物繊維は、便のかさを増やして、腸を刺激して便通を促す働きがあります。また、腸内にたまった生ごみ(食べカスや老廃物など)をからめとって便に取り込む、腸の掃除屋さんのような働きもあります。

3.アラビノオリゴ糖

オリゴ糖は、腸内の善玉菌がエサとして好んで食べることで知られています。りんごに含まれるオリゴ糖は、アラビノオリゴ糖といわれる新種のオリゴ糖で、善玉菌を増やす働きに優れていることが認められています。しかもアラビノオリゴ糖は、腸内の善玉菌の中でも、人の健康維持に最も深く関係する菌種を増やす働きがあるようです。

4.リンゴ酸などの有機酸

リンゴには、リンゴ酸、クエン酸などの有機酸も豊富です。これらの有機酸には、腸内の悪玉菌の繁殖を抑える働きが望めます。


りんごを食べると、上記の便秘に効く成分の相乗効果によって、非常に優れた便秘解消効果が期待できます。

スポンサーリンク


りんごが妊婦さんにおすすめの理由


昔から 「りんごが赤くなると医者が青くなる」といわれるくらいりんごは、健康効果の高いフルーツです。妊婦さんの健康維持やお腹の赤ちゃんに生育に必要な栄養素であるビタミン、ミネラルが豊富です。

また、りんごに含まれるりんごポリフェノールには、極めて強い抗酸化力があります。りんごポリフェノールの抗酸化力により、活性酸素が原因とされているありとあらゆる病気を予防することができます。特に最近の研究により、りんごポリフェノールには、長寿遺伝子を活性化し、寿命をのばす働きがあることも明らかになっているようです。

特に妊婦さんは、妊娠中に病気になることを極力避けるために、万病の元である活性酸素の発生を極力抑える必要が出てきます。そういった点でも、りんごポリフェノールが多く、活性酸素を抑える働きの強いりんごは、おすすめできます。また、りんごには、身体を温める効果もあるため、冷えが大敵の妊婦さんにも安心です。

ただし、ここに注意


どんなにりんごがよいからといって、やはり食べすぎには注意が必要です。りんごには果糖が含まれていて、摂りすぎてしまうと、糖質過多になって妊娠糖尿病や妊娠中毒症を招く恐れが出てきます。1日1個までが一応の目安と考えてください。

また、りんごの有効成分は、皮の部分に多く含まれています。ただ、皮の部分には、農薬が含まれている怖れが出てきます。農林水産省の残留農薬の検査によると、ほとんどゼロで、含まれていてもごくごく微量で人体には影響のないレベルだったということですが、妊娠中は慎重になる必要があるでしょう。

食べる際には、30秒以上流水にかけて、洗い落とすようにしてください。ほぼそれで除去できますが、心配な場合は、重層小さじ2杯を水で溶かしたものに、りんごを30秒以上つけてから、洗い流すようにすると安心です。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加