妊婦さんの便秘の原因について

妊婦さんが便秘になる原因について

このエントリーをはてなブックマークに追加

妊婦さんの便秘


妊婦さんは、妊娠中、便秘に悩まされるケースが非常に多いです。便秘は、程度の違いはあれ、妊婦さんの共通の悩みといっても過言ではありません。妊婦さんが便秘になってしまう主な原因と解消法についてご紹介します。

黄体ホルモンの影響


妊娠中は、お腹の赤ちゃんを守るために黄体ホルモンの分泌が盛んになります。この黄体ホルモンは、子宮の収縮を抑えるだけでなく、ぜん動運動を起こす際に働く筋肉の収縮まで抑えてしまいます。それにより、ぜん動運動の働きが鈍ってしまい、便を肛門近くまで送り出せなくなるため、便秘になります。

さらに黄体ホルモンには、身体の中に水分を溜め込もうとする働きもあります。大腸内の水分も身体に取り込まれ、必然的に便の水分量が減って便が硬くなってしまいます。その結果ますます排便しづらくなり、便秘が悪化しやすくなります。

スポンサーリンク


自律神経の乱れ


妊娠中は、女性ホルモンの急激な変化によって、自律神経のバランスも乱れやすくなります。この状態は、マタニティブルーなどとも呼ばれていて、便秘だけでなく身体全体に不調をきたします。

自律神経が乱れると、腸もその影響を受けて、その働きが乱れることになります。その結果、腸のぜん動運動もうまく働かず、便をスムーズに押し出せなくなり、便秘を引き起こします。

大きくなった子宮が腸を圧迫


妊娠後期になると、大きくなった子宮が腸を圧迫してしまいます。そのことで腸の働きが鈍ると、便が腸内を移動しにくくなるため、なかなか便が肛門付近にまで降りてこられずに便秘になります。腸内における便の滞留時間が長くなればなるほど、便がどんどん硬くなって排出しづらくなるため、便秘が悪化しやすいです。

また、いきむときも、腹圧がかかるために「お腹の赤ちゃんが気になって強くいきめない」ということも妊婦さんの便秘の原因に関与しているようです。

運動不足


妊婦さんは、お腹の赤ちゃんを気遣うあまりに、運動を控えてしまうことがよくあります。また、お腹が大きくて動きづらいために動くのが億劫で、自然と身体を動かさなくなる場合もあるでしょう。運動不足は、便秘の大きな原因のひとつです。

運動不足になると、腸もうまく働かないため、便をうまく排出できず便秘になります。

妊婦さんの便秘解消法


1.適度な運動

妊婦さんは、激しい運動は控えるべきですが、適度な運動は、便秘解消だけでなく安産のためにも必要です。

マタニティビクス、マタニティスイミング、ウォーキング、こまめな掃除など、自分に合った方法を選んで、身体を動かす機会を増やしてください。

2.腸内の善玉菌を増やす食事の摂取

水溶性食物繊維やオリゴ糖を含む食品、乳酸菌を含む発酵食品などを毎日の食事に積極的に摂り入れましょう。

3.担当医に相談

妊娠中の便秘はお腹の赤ちゃんにも悪影響を与えます。酷い便秘の場合は、担当医に相談して適切な指示を仰いでください。自己判断で、安易に市販の下剤や便秘薬に頼ることは控えるようにしましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加