妊婦さんでも飲める便秘薬について

妊婦さんでも飲める便秘薬(市販薬)はある?

このエントリーをはてなブックマークに追加

妊婦さんの便秘薬


便秘解消のために市販の便秘薬に頼るという方法は、ごく一般的でよく用いられています。しかし、妊婦さんとなると話は別で、やはり便秘薬に頼るのは、可能な限り避けるべきといえそうです。さらに詳しく見ていきましょう。

妊婦さんでも飲める便秘薬の特徴


妊婦さんでも飲める便秘薬は、あることあります。ただ、やはり、その種類が限られてしまうようです。市販されている便秘薬は、大腸を刺激して、ぜんどう運動の働きを活発にすることで便通を促すタイプのものが多いです。この手のタイプ便秘薬を妊娠中に飲むと、子宮を収縮させるというリスクが生じます。

特にセンナが成分に含まれている便秘薬は、作用が強すぎるため、早産や流産の危険があるため妊婦さんには服用禁止となっているようです。

この手のタイプの便秘薬でも、比較的作用が穏やかなものは、医師の診断や薬剤師さんの判断で、服用可能な場合もあるようです。

酸化マグネシウムが主成分の、便をやわらかくして、排出しやすくするタイプの便秘薬は、安全性も高く、妊婦さんでも飲める便秘薬と考えられているようです。

スポンサーリンク


市販の便秘薬によるリスクを回避したいなら


妊婦さんが飲んでも大丈夫な便秘薬も、安全性は高いとはいえ、100%安全という保証はどこにもありません。薬を服用する限り、必ずリスクが生じます。これは市販薬だけでなく、医師から処方された便秘薬にも該当することです。ですから、妊娠中は、できれば服用しないにこしたことはありません。

また、便秘薬では、便秘を根本的に解消することができません。便秘になるたびに頼る必要が出てきますし、繰り返し服用するうちに、だんだん効かなくなる場合も少なくありません。

リスクを完全に回避して、且つ便秘を根本的に解消したいのであれば、やはり腸内環境そのものを良好な状態に整えることを最優先すべきでしょう。

腸内環境を改善するためには、妊婦さんの腸内に棲む善玉菌の数を増やすことが一番の近道です。便秘薬をいくら飲んでも、善玉菌を増やすことはできません。

妊婦さんの便秘解消には便秘薬よりもオリゴ糖を


そこで、便秘薬の代わりに、オリゴ糖の摂取をおすすめします。オリゴ糖は、腸内の善玉菌の大好物で、オリゴ糖を摂取すれば確実に善玉菌を増やすことができます。

オリゴ糖は、野菜や果物などにも含まれていますが、便秘解消のためには、オリゴ糖の粉末やサプリメントが最適といえるでしょう。即効性も期待でき、飲み続けることで、腸内環境がよりよい状態に整えられます。

腸内環境が整えば、免疫力もアップするため、便秘解消に加え風邪やインフルエンザなどの感染症の予防にもなります。

ただし、オリゴ糖も妊婦さんが摂取する場合は、なるべく無添加で純度100%のものを選んでください。市販のオリゴ糖の中には、添加物を含むものも多いので、成分表示をよく確認してから購入をしましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加