バナナと妊婦さんの便秘について

バナナは妊婦さんの便秘にも効果的でおすすめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

バナナと妊婦さん


バナナは、便秘解消にとても理想的な果物で、妊婦さんにもおすすめできます。バナナは、妊婦さんの便秘解消のためだけでなく、妊婦さんの健康維持や赤ちゃんの健やかな発育のためにも、おすすめしたい果物です。バナナの便秘解消効果や健康効果についてお伝えします。

バナナが便秘に効く理由は?


バナナには、水溶性と不溶性の食物繊維がバランスよく含まれています。水溶性食物繊維は、善玉菌を増やす働きがありますし、不溶性食物繊維は、便のかさを増やしてぜん動運動を促し、便通をよくする働きが望めます。

バナナに含まれているオリゴ糖は、フラクトオリゴ糖で、これは腸内の善玉菌の大好物です。バナナを食べると、腸内の善玉菌は、喜んでフラクトオリゴ糖を食べて、順調に仲間を増やすことができます。

スポンサーリンク


また、バナナには、キシリトールという糖アルコールも含まれていて、これも善玉菌の好物なので、オリゴ糖と同様に善玉菌を増やすことができます。

さらに、バナナにはマグネシウムも豊富です。マグネシウムは、便を柔らかくする働きがあり、緩下剤の成分としても使用されています。

バナナの中でも、まだ青い部分の多いバナナは、第三の食物繊維と呼ばれているレジスタントスターチも豊富です。

このようにバナナは、便秘によい成分がたくさん含まれていて、優れた便秘解消効果が望める果物といえます。

バナナが妊婦さんにオススメの理由


バナナは、食物繊維、オリゴ糖に加え、各種ビタミン、ミネラルも豊富に含まれています。このため、バナナは妊婦さんの便解解消だけでなく、妊婦さんの健康維持やお腹の赤ちゃんの健やかな成長のためにも効果的な果物です。

バナナには、妊婦さんに不可欠な栄養素である葉酸も含まれています。葉酸は、赤ちゃんの脳の形成にも欠かせず、不足すると先天性の疾患、特に神経性閉鎖障害の発症リスクが高まるとされています。葉酸は、特に妊娠初期に積極的に摂りたい栄養素です。また、バナナには、葉酸の働きを助けるビタミンB12も含まれているので、その点も理想的です。

また、バナナは、ビタミンB6も豊富です。ビタミンB6はタンパク質の代謝を促進し、皮膚や骨、歯の健康維持に関与します。赤ちゃんの発育に欠かせません。

この他にも、バナナには、自律神経の安定に欠かせないセロトニン(幸福ホルモン)の材料となるトリプトファンも豊富で、妊娠中のストレスを軽減する効果も望めます。

ただし、食べすぎには注意!


バナナは、身体を冷やす作用があるため、食べ過ぎるとお腹が冷えて、お腹を壊す心配が出てきます。またバナナは、果糖も豊富でそれ相応のカロリーがあるため、食べ過ぎると肥満を招く怖れもあります。特に体重制限の必要や妊娠糖尿病のある場合は、注意が必要になります。

1日1本〜2本が、一応の目安となる量です。くれぐれも食べすぎには気をつけてください。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加