便秘薬と頭痛薬の飲み合わせについて

便秘薬と頭痛薬の飲み合わせは問題あり?

このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘薬と頭痛薬の飲み合わせ


便秘と頭痛に同時に悩まされることになった場合、果たして、便秘薬と頭痛薬を併用しても大丈夫なものなのでしょうか?それとも併用は避けるべきなのでしょうか?便秘薬と頭痛薬の飲み合わせについてお伝えします。

便秘薬と頭痛薬の飲み合わせ自体は問題なし


便秘薬と頭痛薬は、飲み合わせても、それぞれの薬に配合されている成分が影響し合うということはないようです。そのため、便秘薬と頭痛薬を飲み合わせても、飲み合わせること自体には問題がないと考えられます。

実際、病院などでも、便秘薬と頭痛薬が一緒に処方されるケースは珍しくないようです。ただし、便秘薬と頭痛薬を飲み合わせる場合、気を付けたい点もあるようです。そのことについて見ていきましょう。

スポンサーリンク


便秘薬と頭痛薬を同時に飲むのは避けた方が安心


便秘薬と頭痛薬を同時に飲んだ場合、頭痛薬の効き目が下がる心配が出てきます。例えば、刺激性下剤に該当する便秘薬は、配合されている成分によって、強制的に腸を動かし、ぜん動運動を活発にさせ、便通を促すことで便秘を解消させます。

強制的にぜん動運動を起こさせるために、一緒に飲んだ頭痛薬の成分が十分に吸収されないまま便と一緒に排出されやすくなります。

また、便を軟らかくすることで便を出しやすくするタイプの便秘薬の場合も、便の水分量を確保するために、腸に届いた食べ物に含まれる水分の吸収を抑えることになるため、一緒に摂取した頭痛薬の成分の吸収も抑えられることになるようです。

そのため、時間をずらして飲んだほうが、頭痛薬の効き目がよくなるようです。

ご参考までに、頭痛薬と飲み合わせると問題がある薬もあります。特に風邪薬は、頭痛薬と同じ成分が配合されているため、一緒に飲んだ場合、効き目や副作用が強く出てしまう心配があるようです。副作用が強く出た場合、胃腸が激痛を起こし、潰瘍ができてしまう怖れもあります。特に元々胃腸の弱い場合は注意が必要です。

そもそも頭痛薬と便秘薬を必要とする状況に問題あり


便秘薬も頭痛薬も辛い症状を和らげるために一時的に使用すべき類の薬であって、けして常用すべき類の薬ではありません。やはり両方とも常用することだけは避けるべきでしょう。

そもそも便秘薬と頭痛薬を併用しなければならない状況とは、多くの場合、腸内環境が悪化していることが大元の原因である可能性が濃厚です。

悪玉菌の多い腸内環境では、悪玉菌が生成する毒素や有害物質のために、血液が汚れ、血流が悪くなることで、頭痛や肩こり、冷え性、肝機能の低下など様々な身体の不調が引き起こされます。

頭痛薬と便秘薬を併用する分には問題がないとしても、大元の原因を解消しない限りは、症状が出る度に頭痛薬や便秘薬を頼ることになると、依存性に陥りやすく、それもまた問題になります。

腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整えることによって、大元の原因が解消され、それに伴って、便秘や頭痛だけでなく、あらゆる不調が改善されることが期待できます。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加