座薬タイプの便秘薬について

座薬の便秘薬って本当に効くの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

座薬タイプの便秘薬


便秘薬は、飲むタイプの他に座薬タイプもあります。しかし、座薬タイプは、飲むタイプの便秘薬とは、便秘へのアプローチが異なっています。座薬の便秘解消効果や座薬を用いるメリットについて、これから詳しく見ていきましょう。

座薬タイプの便秘薬について


座薬といえば、痔の治療や熱冷まし、痛み止めなどに使われるお薬というイメージが強く、便秘用の座薬については、あまりなじみがない方も多いかもしれません。

便秘用の座薬も、使用方法は、痔の治療などに用いられる座薬と同じです。肛門から挿入して、有効成分を直腸に送り込み、便通を促すという仕組みになっています。

座薬に配合されている有効成分は、主に炭酸水素ナトリウムです。炭酸水素ナトリウムは、いわゆる重曹で、人体に無害な物質です。直腸に届いた炭酸水素ナトリウムは、少しずつ溶けて、そこで炭酸ガスを発生させます。この炭酸ガスが腸を刺激して、ぜん動運動を活発にさせ、便通を促すように働いてくれるのです。

座薬タイプの便秘薬の中には、飲むタイプの便秘薬にも配合されているビサコジルが主成分のものもあります。直腸を刺激して便通を促すという仕組みは、ほぼ同じです。ビサコジルが主成分の座薬のほうが、腸への刺激が強く、その分よく効くようです。ただ、刺激が強い分、腹痛を起こしやすいので、その点は注意が必要です。

スポンサーリンク


座薬タイプの便秘薬の効果について


座薬タイプの便秘薬の効果については、飲むタイプの便秘薬と同様に、便秘の症状や便秘の程度によって違ってきます。しかしながら、飲むタイプの便秘薬に比べると、有効成分を無駄なく作用させることができる分、効果も高いと考えることもできそうです。実際、飲むタイプの便秘薬で効果が得られない場合に、座薬タイプを使って便秘が解消したというケースは、よくあるようです。

特に座薬タイプは、便が直腸まで降りてきているのに、便意を感じないために便秘になっている状態(直腸性便秘)で、最も効果を発揮できるようです。逆に、まだ便が直腸や直腸近くまで降りてきていない場合は、効果が薄れてしまうようです。この場合は、有効成分の刺激によって便意を感じるものの、肝心の便が出ない状態に陥りやすいです。

座薬タイプの便秘薬のメリットについて


座薬タイプの便秘薬のメリットは、以下の通りです。

1.効き目がすぐに現れる

飲むタイプの便秘薬は、効き目が現れるまでに、8時間〜12時間ほど時間がかかります。座薬タイプの場合は、挿入後、10分〜30分くらいと、すぐに効いてきます。

2.胃や小腸に影響がない

座薬の有効成分が作用するのは、ほぼ直腸内に限られます。飲むタイプのように胃や小腸を経過しないために、それらの臓器に影響を及ぼしません。

3.耐性が低く依存しにくい

座薬タイプの場合は、飲むタイプの便秘薬のような耐性がなく、効きにくくなるということもなく、座薬なしで排便できなくなるという心配もほぼないようです。

4.副作用が少ない

座薬タイプは、比較的作用が穏やかで、副作用が少ないようです。そのため、子供や妊婦、高齢者の便秘治療によく用いられています。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加