便秘薬とヨーグルトや牛乳の飲み合わせについて

便秘薬とヨーグルトや牛乳の飲み合わせはダメ

このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘薬と牛乳、ヨーグルトの飲み合わせ


便秘薬と飲み合わせるとよくないものにヨーグルトや牛乳などの乳製品があります。そのため、水の代わりに牛乳で便秘薬を飲むという方法は、NGです。便秘薬とヨーグルトや牛乳の飲み合わせについて、さらに詳しく見ていきましょう。

便秘薬とヨーグルトや牛乳を飲み合わせがダメな理由


刺激性タイプの便秘薬の多くは、腸溶錠に該当し、腸で溶けて、その時に始めて有効成分が作用するように作られています。そのため、胃酸で溶けないように何層にもコーティング処理されています。

もし、便秘薬をヨーグルトや牛乳と飲み合わせた場合、便秘薬のコーティングがはがれてしまって、胃で溶けて有効成分が腸に届く前に作用してしまうことになるようです。その結果、胃を刺激して胃痛や吐き気を起こす怖れが出てきます。便秘解消効果も当然薄れてしまうことになるでしょう。

通常、胃の中は酸性ですが、腸は中性〜弱アルカリ性です。胃酸が流れ込んでも中和して、刺激を受けにくくするためにそうなっているようです。便秘薬は、中性からアルカリ性の状態で溶け出すように作られています。

牛乳やヨーグルトなどの乳製品はアルカリ性で、これらを摂取すると、胃の中が中和され、PH度がアルカリ性の方に傾いてしまうようです。そのような状態で、便秘薬を飲むと、胃で溶けやすくなるということです。

スポンサーリンク


牛乳もヨーグルトも飲む時間帯をずらせば大丈夫


ヨーグルトも牛乳も、腸を働きを整え、便通を促す働きがあります。便秘薬を飲んでも、飲む時間帯をずらせば、問題なく摂取することができます。

要するに、便秘薬が胃で溶けずに、腸で溶かすことができれば、ヨーグルトや牛乳を摂取しても全く問題ないということになります。便秘薬を飲むタイミングの前後1時間以内の時間帯を避ければ、後はいつヨーグルトや牛乳を摂取しても大丈夫なようです。

ただし、これは腸で溶けるタイプの便秘薬に限られます。では、そのようなコーティング処理されていない便秘薬の場合はどうなのでしょうか?

マグネシウムが主成分の便秘薬について


牛乳やヨーグルトには、カルシウムが豊富に含まれています。マグネシウムを主成分とする便秘薬と飲み合わせると、どちらの成分も吸収がよくなるようです。

しかし、あまりに吸収がよすぎると、高マグネシウム血症や高カルシウム血症を引き起こす怖れが出てくるため、マグネシウムが主成分の便秘薬(塩類下剤)と牛乳やヨーグルトの飲み合わせにも注意が必要になります。

この場合は、同時に飲むことに加え、カルシウムの摂取量も問題になるようです。マグネシウムが主成分の便秘薬には、「1日1リットル以上の牛乳を飲まないように」などといった但し書きがされています。

また、高齢者や腎臓に疾患のある場合や、マグネシウムが主成分の便秘薬を長期にわたって服用している場合は、牛乳やヨーグルトなどとの飲み合わせは、特に注意が必要です。

何れにしても、便秘薬を服用する場合は、同封の説明書をしっかりと読み、禁止事項を事前に確認する必要があります。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加