便秘薬を飲むタイミングについて

便秘薬はいつ飲む?朝や日中に飲んでも大丈夫?

このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘薬はいつ飲む?


便秘薬をいつ飲むか?そのタイミングについては、多くの方が頭を悩ませることになっているようです。それは、便秘薬が効いてくる時間には、個人差があるために、タイムラグが発生するからです。特に、通勤電車の中など、すぐにトイレにいけない状況のときに効き目が現れるのが一番困ることになるでしょう。それを避けるために、あえて朝や日中に飲んでも大丈夫なのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

本来、便秘薬は服用時間を守ることが理想的


便秘薬を飲むタイミングは、それぞれの説明書に記載されている服用時間を守ることが、最も理想的なタイミングであることだけは確かです。それぞれの便秘薬の服用時間は、その便秘薬の効き目を最大限に引き出せる時間に設定されているからです。

スポンサーリンク


通常、便秘薬は、夜寝る前に飲むと、朝、効き目が現れるように作られています。ただ、便秘薬がいつ効いてくるかについては、個人差があり、タイムラグが発生します。

そのため、説明書通りに就寝前に飲んだ場合、効き目の現れる時間帯がずれる場合も十分に起こり得るのです。例えば、通勤や通学電車の中や重要な会議中、テスト中など、すぐにトイレにいけない状況で効き目が現れるというリスクが生じます。

では、そうなるリスクを回避するために、便秘薬をあえて朝や日中に飲むという方法はどうでしょうか?

就寝前に飲むべき便秘薬を朝や日中に飲んでも大丈夫?


通常、便秘薬の効き目が現れるのは、服用後8時間〜12時間くらいです。便秘薬を朝や日中に飲むと、効き目が現れるのは、夕方から夜の時間帯になります。

もし、その方が好都合というのであれば、朝や日中に飲んでも大丈夫です。ただし、朝や日中に飲んだ場合も、想定外の時間帯に効き目が現れるリスクを100%回避できないので、その点は要注意です。

また、便秘薬を朝や日中に飲んだ場合、効きにくくなる心配も出てきます。それは、身体の排泄機能のリズムに逆らうことになるからです。多くの便秘薬は、胃の中に食べ物があると、便秘解消効果が薄れてしまうので、空腹時でもある就寝前のほうが、効き目が出やすいようです。

便秘薬の飲むのに最適なタイミングはいつ?


便秘薬の効き目が現れてから、いつでもすぐにトイレに駆け込める状況を確保できるのであれば、やはり便秘薬の説明書に記載されている服用時間を守って飲むのが一番です。

そのような状況を確保しづらい場合、スケジュールに合わせて、便秘薬をいつ飲むかを各自で調整する必要があるでしょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加