便秘薬を利用する理想的な頻度について

便秘薬を利用する理想的な頻度とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘薬を利用する頻度


手軽で即効性もあるため、便秘薬を使って便秘を解消するというケースは非常に多いです。しかし、便秘薬の利用は、できれば避けた方が賢明ではあります。もちろん、適切に利用すれば、便秘薬は、便秘の辛い症状を取り除くために、大いに助けになってくれます。便秘薬を適切に利用するために、理想的と言える使用頻度についてお伝えします。

便秘薬の使用頻度と耐性や依存症について


便秘薬は、いくつか種類がありますが、その多くは耐性と依存性があります。そのため便秘薬を使い続けていくうちに、次第に効き目が薄れてしまい、量を増やさないと効かなくなってきます。また、使い続けていくうちに腸の働きも低下し、便秘薬がないと排便できなくなっていきます。

便秘薬は、言うなれば諸刃の剣で、便秘解消に大いに役立つものの、使用頻度が高くなればなるほど、腸に悪影響を与えることになり、どんどん自然なお通じから遠ざかってしまうことになりかねないのです。

スポンサーリンク


では、どのくらいの頻度で便秘薬を利用すれば、耐性もつかず、依存にも陥らずに済むのでしょうか?それは、個人差がありますし、使用する便秘薬の種類によっても異なってきます。そのため、これこれこのくらいの頻度で利用するのが理想的といったことは、明言できない、というのが本当のところです。

ただ、便秘薬の使用頻度については、低ければ低いほど耐性がつきにくいため、限りなくゼロに近ければ近いほど望ましいということだけは確かです。

便秘薬の利用は最後の手段に


本来、便秘薬というのは、あらゆる便秘解消法を試しても一向に効果がない、その最後の手段として使うべき類のものです。便秘が長引き、長期間に渡って便を腸内に溜め込んでしまうのが一番よくありません。便秘薬を使ってでも、詰まった状態を一刻も早く取り除かないと危険な場合もあります。

便秘薬を使う目安については、便秘の症状や便秘の種類によって違いがありますが、一応、3日以上便秘の状態が続いている場合や不快な症状がある場合などは、やはり便秘薬を使ってでも便を出したほうが、健康のためには望ましいと言えるでしょう。

便秘薬を使って一時的に便秘が解消しても、また、すぐに便秘になってしまう場合は、腸内環境に問題がある可能性が濃厚です。その場合は、腸内環境を改善しない限りは、便秘薬に頼らざるを得ない生活が続くことになってしまいます。まず、行うべきことは、腸内環境のを改善です。

便秘薬は徐々に使用頻度を下げて最後はゼロに!


既に便秘薬が手放せなくなってしまっている場合、少しずつ使用頻度を下げることを目標にしましょう。

その間に腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を改善する心がけを続けてください。規則正しい生活習慣、適度な運動、水分摂取、善玉菌を増やすための食生活を心がけましょう。

それでも、一向に便秘が改善せず、便秘薬の使用頻度を下げられない場合は、何かの病気である心配もあるので、受診をおすすめします。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加