便秘薬とお酒の組み合わせについて

便秘薬とお酒の組み合わせは危険?

このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘薬とお酒との組み合わせ


通常、薬とお酒は、危険な組み合わせと言われています。薬の種類によっては、生命を脅かされる状態を引き起こす場合もあるようです。では、便秘薬とお酒の組み合わせはどうなのでしょうか?これから詳しく見ていきましょう。

お酒と薬の組み合わせが危険な理由


お酒も薬も、胃を通って腸で吸収され、肝臓に運ばれます。お酒も薬も、肝臓で体にとって異物(毒物)とみなされ、無害な物質に変換されるようになっています。そして、最終的には、体外に排出されます。

アルコールと薬を一緒に飲むと、肝臓は、アルコールと薬の両方を解毒しなければならず、その機能が低下してしまいます。また、肝臓は、アルコールの解毒の方を優先するようです。

スポンサーリンク


通常は、アルコールの解毒には、アルコールの分解酵素が使用されますが、アルコールの摂取量が多く、分解処理が間に合わない場合は、薬を解毒するための分解酵素も使用されることになるようです。

その結果、薬の効き目が強く出すぎる、逆に効きづらくなる、副作用の症状が強くなるなどの症状に見舞われる心配が出てきます。

便秘薬とお酒の組み合わせの危険性について


便秘薬の場合、その多くは、小腸で吸収されずに、大腸で有効成分が作用するように作られているので、他の薬に比べると影響は少ないと考えられます。特に、アルコール分解能力の高い人は、便秘薬と組み合わせても、影響を受けにくいようです。

アルコールには、中枢神経を抑制する作用があるため、同じ作用のある成分が配合されている風邪薬や精神疾患の治療薬と併用すると、呼吸困難や意識障害を起こすリスクが高まり、非常に危険です。

便秘薬には、中枢神経を抑制する成分は配合されておらず、その分、お酒と一緒に飲んだ場合も深刻な状態に陥るリスクは低いと考えられます。しかし、人によっては、便秘解消効果が薄れたり、腹痛や吐き気などの副作用が出る場合があるようです。

体内にアルコールが入って分解されるまでには、ある程度時間が必要になります。ですから、お酒を飲んだ後、ある程度間隔を開けたとしても、体内にアルコール分がまだ残っている状態で便秘薬を飲んだ場合は、効き目に影響が出やすいと考えられます。

お酒に含まれるアルコールそのものが腸に悪い?


適度のアルコール摂取は、胃腸を刺激してその働きを活発にする効果が望めます。しかし、アルコールを摂りすぎると、腸内の悪玉菌を増やしてしまい、その結果、腸内フローラを悪化させるリスクが高くなることが、米国の国立衛生研究所の研究によって明らかになっています。

悪化した腸内フローラですと、当然、便秘も悪化しやすいです。便秘薬との飲み合わせ以前に、まずは、過度の飲酒を控えるべきといえるでしょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加