バナナの便秘解消効果について

便秘の解消にバナナが効果的な理由について

このエントリーをはてなブックマークに追加

バナナの便秘解消効果


バナナは、大変に優れた便秘解消効果のある果物です。バナナは、便秘解消効果の他にも、様々な健康効果が期待できる果物でもあります。今回は、なぜバナナが便秘解消に効果的なのか?その数々の理由やバナナの健康効果についてお伝えします。

バナナは食物繊維が豊富


バナナには、水溶性と不溶性の食物繊維の両方が含まれています。バナナを食べると、この2つの食物繊維の働きによって便秘が解消しやすくなります。

水溶性食物繊維は、善玉菌のエサとなることで善玉菌を増やす働きが期待できます。また、便の水分量を増やして便を軟らかくする働きもあります。不溶性食物繊維は、便のかさを増やし、適度に腸を刺激してぜん動運動を促すことで、便通をよくします。

さらに、バナナの中でもまだ成熟しきっていない青バナナには、第3の食物繊維と呼ばれるレジスタントスターチが豊富に含まれています。そのため、バナナの中でも、特に青バナナは、より便秘解消効果が高いといえるでしょう。

スポンサーリンク


バナナには善玉菌を増やす成分が豊富


バナナには、水溶性食物繊維の他にも、善玉菌のエサとなってその数を増やす成分が豊富に含まれています。その成分とは、オリゴ糖と糖アルコールです。オリゴ糖も糖アルコールも、善玉菌が好んで食べる栄養源で、確実に善玉菌を増やす働きが認められています。ちなみに、バナナに含まれているオリゴ糖と糖アルコールは、フラクトオリゴ糖とキシリトールです。

バナナがには便を柔らなくするマグネシウムが豊富


マグネシウムは、水溶性食物繊維と同様に、便を柔らかくする働きがあり、緩下剤の成分としても使用されているミネラルです。バナナには、このマグネシウムも豊富に含まれています。

バナナの健康効果


バナナには、食物繊維やオリゴ糖に加え、各種ビタミン、ミネラルがバランスよく含まれています。さらに、優れた抗酸化力のあるポリフェノールの含有量は果物の中ではトップクラスです。特に、ミネラルの中では、トリプトファンが豊富です。トリプトファンは、精神安定作用のあるセロトニンの材料となります。

これらの成分によって、老化予防、動脈硬化予防、高血圧予防、生活習慣病予防、うつ予防など、様々な病気の予防効果が望めます。また、バナナは、その熟成度によっても特有の健康効果が期待できるようです。

1.未成熟の青いバナナ

便秘解消効果に優れています。

2.適度に成熟した黄色いバナナ

ビタミンB群とポリフェノールが多い分、より優れた抗酸化作用が期待できます。

3.完熟した黒めのバナナ

免疫力が強化されます。胃潰瘍予防効果も強くなるようです。

ただし、食べ過ぎには注意!


バナナが、いくら便秘に効く、健康によいからといって、やはり食べすぎには注意が必要です。バナナは、それ相応のカロリーがあるため、食べ過ぎるとカロリーオーバになって肥満につながります。また、バナナには、身体を冷やす作用もあるため、食べ過ぎると腸が冷えて、お腹を壊す心配が出てきます。

1日の上限は、3本までで、1本でも十分な効果が期待できるようです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加