アボカドの便秘解消効果について

便秘の解消にアボカドが効果的な理由について

このエントリーをはてなブックマークに追加

アボカドの便秘解消効果


便秘の解消にアボカドは、大変に優れた効果が期待できます。なぜ、アボカドは便秘に効果的なのでしょうか?その理由やアボカドの健康効果、摂取する場合に気をつけたい点などについてもお伝えします。

アボカドには便秘に効くオレイン酸が豊富


アボカドは、「 森のバター」と称されるほど、脂質が豊富に含まれています。アボカドに含まれている脂質では、特にオレイン酸が豊富で、アボカド全体の脂質の80%近くを占めています。オレイン酸は、不飽和脂肪酸の一種で、数々の効能が知られていますが、その効能の一つに便秘解消があります。

オレイン酸には、腸を刺激して、腸のぜん動運動を活発にして、便通を促す働きがあります。また、オレイン酸の油分が潤滑油となって、便を滑りやすくする働きも望めます。アボカドを食べると、これらのオレイン酸の働きによって、便秘が解消しやすくなります。

スポンサーリンク


アボカドは食物繊維が豊富で水溶性と不溶性のバランスも理想的


アドカドは、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維が、豊富かつバランスよく含まれています。特に便秘解消効果の高い水溶性食物繊維が豊富で、100グラム中1.7グラムと全果物の中でもダントツといえるくらい豊富な含有量を誇ります。

便秘解消のためには、水溶性と不溶性の食物繊維がバランスよく含まれていることが大切です。水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の理想的なバランスは、水溶性:不溶性=1:2といわれていますが、アボカドの水溶性食物繊維と不溶性食物繊維のバランスは、100グラム当たり、1.7グラム:3.6グラムと、限りなく1:2に近いバランスとなっています。

アボカドの健康効果について


アボカドは、「世界一栄養価の高いフルーツ」として、ギネスに登録されているくらい、各種ビタミン、ミネラル、ポリフェノールなど、様々な健康効果のある栄養素を豊富に含んでいます。

アボカドには、オレイン酸のほかにリノール酸、リノレン酸など健康によい良質な脂質が含まれています。これらの脂質には、悪玉コレステロールを減らして、血液をサラサラにする働きがあります。

また、アボカドに含まれるポリフェノールの一種であるプロトカテク酸は、がん予防効果があることで知られているようです。同じくアボカドに含まれるポリフェノールの一種であるグルタチオンは、肝臓の機能を向上させる効果が認められています。

また、アボカドは、抗酸化ビタミンと呼ばれるビタミンA、C、Eも豊富です。これらのビタミンは、肌の酸化を防ぐ効果も強いです。そのためアボカドは、「食べる美容液」の異名をとるほど、肌のアンチエイジング効果にも優れています。

ただし、食べ過ぎに注意!


アボカドは、脂質を多く含むために高カロリーです。食べ過ぎるとカロリーオーバとなって、肥満につながります。また、便秘に効く成分が豊富なため、食べ過ぎると、お腹が緩くなり下痢を起こす心配も出てきます。食べ過ぎによってアレルギーを引き起こす場合もあるようです。

1日に1個が上限の目安ですが、半分でも十分な効果が期待できます。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加