りんごの便秘解消効果について

便秘の解消にりんごが効果的な理由について

このエントリーをはてなブックマークに追加

りんごの便秘解消効果


りんごは、便秘解消のために優れた効果を発揮する果物です。そもそも、なぜ、りんごは便秘に効果的なのでしょうか?そこで今回は、りんごが便秘の解消に効果的である理由に加え、りんごの様々な健康効果についてもお伝えします。

りんごは便秘に効く成分が豊富


1.アップルペクチン(水溶性の食物繊維)

りんごには、便秘解消効果の高い水溶性食物繊維が豊富に含まれています。水溶性食物繊維には、便の水分量を増やして便を軟らかくし、排出しやすくする働きがあります。また、腸内の善玉菌のエサとなって増殖を助け、善玉菌を増やすことで腸内環境を良好にする働きもあります。これらの働きによって便秘は速やかに解消しやすいです。

2.セルロース(不溶性食物繊維)

不溶性食物繊維は、水分を吸収し膨張することで便のかさを増やす働きがあります。便にかさがあると、腸を刺激して蠕動運動を促進することができます。また、不溶性食物繊維は、腸内の生ごみ(老廃物や細菌の死骸など)を一掃して腸をキレイにする働きもあります。

3.アラビノオリゴ糖

アップルペクチンの中に含まれているオリゴ糖の一種です。アラビノオリゴ糖は、善玉菌だけのエサとなるため、善玉菌を確実かつ効率よく増やすことが明らかになっています。

スポンサーリンク


4.各種有機酸

りんごには、クエン酸、リンゴ酸、酒石酸などの有機酸が豊富に含まれています。有機酸には、悪玉菌の繁殖を抑える働きがあります。また、腸を適度に刺激してぜん動運動を活発にする働きもあり、これらの働きも便秘解消に役立っています。

りんごの健康効果について


りんごには、便秘によい成分だけでなく、美容や健康によい成分も豊富に含まれています。

1.りんごポリフェノール

優れた抗酸化作用があります。この抗酸化作用により、老化予防、血流改善、口臭予防、アレルギー改善、美白、コレステロール値を下げるなど、数々の美容健康効果が望めます。

2.各種ビタミンミネラル

抗酸化作用のあるビタミCやビタミンE、血圧を下げるカリウムなどが豊富です。

便秘解消効果のあるアップルペクチンには、放射性物質を吸着して体外に排出する働きも望めます。

ただし、ここに注意


りんごには、果糖も含まれているため、やはり食べすぎるとカロリーオーバーとなり、肥満を招く怖れが出てきます。

また、りんごは、カリウムの含有量も多いため、腎臓に疾患のある場合も、摂りすぎには注意が必要です。りんごは、食べ過ぎるとアレルギーを起こす心配も出てきます。

1日2個を上限としてください。 1日に1個でも十分な効果が期待できます。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加