ビタミンCの便秘解消効果ついて

便秘の解消にビタミンCが効果的な理由について

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビタミンCの便秘への効果


意外と知られていないようですが、ビタミンCは、便秘解消に効果的に作用します。また、ビタミンCが不足すると、便秘しやすくなるとも考えられます。なぜ、ビタミンCが便秘解消に効果的なのでしょうか?これから詳しく見ていきましょう。

ビタミンCについて


ビタミンCとは、水溶性のビタミンの一種で、正式名称は、Lアスコルビン酸です。ビタミンCは、その強い抗酸化作用により、細胞が酸化して衰えるのを防いだり、コラーゲンの合成に関与したりなど、健康維持のために数々の有用な働きをしてくれるビタミンです。ただ、体内で合成することができないために食事などから摂取する必要があります。

また、ビタミンCは、喫煙やストレスなどで消費されやすくなります。

スポンサーリンク

ビタミンCが便秘解消に効果的な理由

 
1.善玉菌を増やす

ビタミンCには、腸内の善玉菌のエサとなってその増殖を助ける働きがあります。ビタミンCを摂取してもすべてが吸収されるというわけではなく、吸収されずに大腸まで届いた場合、それらのビタミンCは、大腸に生息している善玉菌のエサになるということです。

善玉菌は、ビタミンCをエサとして増殖する際に副産物として、乳酸や酪酸、酢酸などの有機酸を産出します。これらの有機酸によって、悪玉菌の増殖を抑えられるため、腸内環境は良好な状態に導かれます。

また、酸は腸を刺激して、その動きを活発にする働きも望めます。

2.便を軟らかくする

ビタミンCは、便を軟らかくする働きもあり、この働きにより、便が排出しやすくなります。そのため、サプリメントなどでビタミンCを一度に大量に摂取すると、便が軟らかくなりすぎて、下痢を招く怖れが出てきます。

ビタミンCが腸内環境の悪化を防ぐ


ビタミンCには、優れた抗酸化作用があり、腸内に発生する活性酸素を抑える働きがあります。便秘の場合、腸内に滞留した便によって悪玉菌が繁殖します。悪玉菌は繁殖の際に毒素や有害物質、腐敗ガスなどを発生させるため、それを抑えようと腸内は活性酸素が増えやすくなります。

活性酸素が必要以上に増えすぎると、腸の細胞を傷つけるなど、腸にダメージを与えることになるため、結果的に腸内環境は悪化します。ビタミンCの摂取により、腸内の活性酸素が必要以上に増えすぎないように抑えることができます。さらにビタミンCには、悪玉菌が生成する有害物質(ニトロソアミン)を抑制する作用もあるようです。

このようにビタミンCは、便秘による腸内環境の悪化を食い止めることにも大いに役立っています。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

便秘と大腸がんは関係ない?でも油断は禁物
便秘で腸が痛いのは病気?それとも腸のねじれ?
便秘と体がだるいのは関係あるの?
便秘が原因で不妊になるって本当?関係あるの?
便秘が原因で死亡したケースもある
便秘で病院に行くなら何科を受診すればいい?
洋式トイレの方が和式よりも便秘になりやすい
腹筋と便秘って関係あるの?腹筋運動は効く?
便秘の人は朝食はとるべき??抜くべき??
便秘で悩む人に和食をおすすめする理由
便秘を解消するためにわざと下痢はよくない?
便秘と下痢を繰り返す症状とその原因とは?
便意がない便秘の原因と解消する方法について
便秘の解消により得られるダイエット効果とは?
排便しても残便感がある症状は便秘なの?
出そうで出ない便秘の解消法は?
便秘解消に即効性のある食べ物なんてあるの?
便秘で血が出るのは痔が原因?それとも病気?
便秘でお腹の張りが気になるのはガスが原因?
便秘薬も効かない重症の便秘を解消するには?
うさぎのうんちのような便しか出ない原因とは?
便秘茶は安全?危険?どんな副作用がある?
ゼラチンに便秘解消効果はない!その理由とは?
タバコは便秘に効く?禁煙すると便秘になる?
弛緩性便秘とは?その原因と症状について
痙攣性便秘とは?その原因と症状について
直腸性便秘とは?その原因と症状について