便秘と倦怠感の関係について

便秘と体がだるいのは関係あるの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘で体がだるい


便秘になると、倦怠感すなわち体がだるいと感じることがよくあります。なぜ、便秘になるとだるさを感じやすいのでしょうか?その仕組みについて、さらに詳しくみていきましょう。

便秘で腸内の毒素が充満すると体がだるくなる


便秘で、本来排出されるべき便が腸内に長い間滞留していると、その便に悪玉菌が繁殖します。悪玉菌は、繁殖する際に毒素を発生させるため、腸内は毒素が増えることになります。通常、腸内にある毒素は、バリア機能が働くため、血液中には取り込まれないようになっていますが、バリア機能が追いつかなくなるほど毒素が腸内に充満しまった場合や、バリア機能そのものが低下している場合は、毒素が血液中に吸収され、全身をめぐることになります。

全身にめぐった毒素は行く先々で、それぞれの細胞にダメージを与えるなどの悪さをします。それらの悪さを抑えるためには、体は余分なエネルギーを必要とします。その結果、エネルギー不足に陥った場合、体全体が疲労するため、だるさを感じやすくなるようです。

スポンサーリンク


腸内でのビタミンB群の生成がうまくいかないと体がだるくなる


便秘によって腸内環境が悪化すると、善玉菌のサポートも得にくくなります。善玉菌は、腸内でビタミンB群の生成に関与しています。

特にビタミンB1は、糖質をエネルギーに変換する際に必要なビタミンなので、不足すると、うまく糖質をエネルギーに変えることができずに、エネルギー切れを起こしやすいです。

便秘によって善玉菌によるビタミンB群の生産性が下がってしまうと、体はエネルギー切れを起こし、それもまた、便秘で体がだるいと感じる原因のひとつであると考えられます。

自律神経が乱れが関与している場合もあり


体がだるくなることと便秘の症状が、同時に起こっている場合も少なくありません。何らかの原因によって自律神経のバランスが乱れると、便秘になりやすく、倦怠感も感じやすくなります。

腸の働きは、自律神経のうち、副交感神経の働きと連動しているため、自律神経が乱れ、副交感神経の働きが鈍ると、腸の働きも鈍り、ぜん動運動が正常に機能しにくくなるため、便秘になりやすいです。

また副交感神経は、体をリラックスさせたり、休息させ疲労を回復させる働きもあります。副交感神経の働きが鈍ると、疲労を十分に回復させることができず、体がだるいと感じやすくなります。

自律神経のバランスを乱す主な原因は、過労や睡眠不足、不規則な生活、偏った食生活、精神的ストレスなどです。これらの原因を解消することによって、便秘やだるさが解消されるケースも多いです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

便秘と大腸がんは関係ない?でも油断は禁物
便秘で腸が痛いのは病気?それとも腸のねじれ?
便秘が原因で不妊になるって本当?関係あるの?
便秘が原因で死亡したケースもある
便秘で病院に行くなら何科を受診すればいい?
洋式トイレの方が和式よりも便秘になりやすい
腹筋と便秘って関係あるの?腹筋運動は効く?
便秘の人は朝食はとるべき??抜くべき??
便秘で悩む人に和食をおすすめする理由
便秘を解消するためにわざと下痢はよくない?
便秘と下痢を繰り返す症状とその原因とは?
便意がない便秘の原因と解消する方法について
便秘の解消により得られるダイエット効果とは?
排便しても残便感がある症状は便秘なの?
出そうで出ない便秘の解消法は?
便秘解消に即効性のある食べ物なんてあるの?
便秘で血が出るのは痔が原因?それとも病気?
便秘でお腹の張りが気になるのはガスが原因?
便秘薬も効かない重症の便秘を解消するには?
便秘の解消にビタミンCが効果的な理由について
うさぎのうんちのような便しか出ない原因とは?
便秘茶は安全?危険?どんな副作用がある?
ゼラチンに便秘解消効果はない!その理由とは?
タバコは便秘に効く?禁煙すると便秘になる?
弛緩性便秘とは?その原因と症状について
痙攣性便秘とは?その原因と症状について
直腸性便秘とは?その原因と症状について