便秘と大腸がんの関係について

便秘と大腸がんは関係ない?でも油断は禁物

このエントリーをはてなブックマークに追加

大腸がん


便秘だと大腸がんになりやすいと、長い間信じられてきました。しかし、最近では、便秘であろうとなかろうと大腸がんの発症リスクには変わりがないことが明らかになりました。さらに詳しく見ていきましょう。

便秘と大腸がんに因果関係なし?


便秘と大腸がんの因果関係を調べるために厚生労働省の研究班が行った調査結果からは、「便秘が大腸がんの原因となる」という明確な根拠を確認することができなかったようです。

この調査は、1993年から2002年にかけて、全国の男女(40歳から69歳まで)のおよそ6万人を対象に実施されました。厚生労働省の研究班は、排便回数と便の状態に関するアンケート調査をそれぞれ対象者に対して7年間に渡って行いました。調査期間中に大腸がんを発症した人たちと、その人たちのアンケ―トの回答内容に基づいて、大腸がんと「排便回数と便の状態」との因果関係についての分析が行われたようです。

スポンサーリンク


その結果、「排便が毎日2回以上ある」「排便が毎日ある」「排便が週2〜3回ある」どの項目に該当しても、大腸がんの発症リスクは、ほぼ同じだったということです。この結果から、毎日排便のない便秘傾向の人が、他の人と比べて大腸がんに発症リスクが高くなるという明確な根拠は確認できないということが明らかになりました。

便の状態については、下痢の状態の便が、大腸がんの中でも直腸がんの発症リスクが高い傾向が示さたようです。

この調査結果から、便秘であろうとなかろうと、大腸がんを発症するリスクに変わりはないという見解が示されました。

ただし、油断は禁物


上記の研究結果は、大腸がんを発症するリスクは、排便回数が違っても、ほぼ同じであるということが示されただけであって、けして便秘が大腸がんの原因にはならないという明確な結論に至ったわけではありません。

大腸がんは、大腸の中でも、直腸に発症するケースが最も多いようです。直腸は、肛門に一番近い場所にあり、便が一番長く滞留している場所であることから、便に含まれている発がん物質の影響を最も受けやすいと考えられています。便秘で便が長く滞留すればするほど、それだけ便に含まれる発がん物質の影響を長く受けるということだけは確かです。

便秘の原因が大腸がんである場合も


逆に、大腸がんが便秘を引き起こしている場合もあるようです。それまで便通がよかったのに急に便秘気味になった、便秘と下痢をくりかえす、排便の前後に激しい腹痛が起こる、便に血が混じるなど、明らかな変化がみられる場合は、医療機関で診てもらってください。

また、1週間以上も排便がないような重度の便秘や、下痢が頻繁に起こる場合などは、腸に何らかの疾患のある可能性が濃厚なので、その場合も受診をおすすめします。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

便秘で腸が痛いのは病気?それとも腸のねじれ?
便秘と体がだるいのは関係あるの?
便秘が原因で不妊になるって本当?関係あるの?
便秘が原因で死亡したケースもある
便秘で病院に行くなら何科を受診すればいい?
洋式トイレの方が和式よりも便秘になりやすい
腹筋と便秘って関係あるの?腹筋運動は効く?
便秘の人は朝食はとるべき??抜くべき??
便秘で悩む人に和食をおすすめする理由
便秘を解消するためにわざと下痢はよくない?
便秘と下痢を繰り返す症状とその原因とは?
便意がない便秘の原因と解消する方法について
便秘の解消により得られるダイエット効果とは?
排便しても残便感がある症状は便秘なの?
出そうで出ない便秘の解消法は?
便秘解消に即効性のある食べ物なんてあるの?
便秘で血が出るのは痔が原因?それとも病気?
便秘でお腹の張りが気になるのはガスが原因?
便秘薬も効かない重症の便秘を解消するには?
便秘の解消にビタミンCが効果的な理由について
うさぎのうんちのような便しか出ない原因とは?
便秘茶は安全?危険?どんな副作用がある?
ゼラチンに便秘解消効果はない!その理由とは?
タバコは便秘に効く?禁煙すると便秘になる?
弛緩性便秘とは?その原因と症状について
痙攣性便秘とは?その原因と症状について
直腸性便秘とは?その原因と症状について