女性に多い便秘について

女性に多い便秘の原因とその解消法について

このエントリーをはてなブックマークに追加

女性の便秘


女性は、男性に比べて便秘になりやすいです。それは、女性のほうが男性よりも便秘になる原因がたくさんあるからです。今回は、女性に多い便秘の原因とその解消法についてご紹介します。

女性ホルモンの影響による便秘


生理前に便秘に悩まされる女性は非常に多いです。これは、女性ホルモンのうち黄体ホルモンの影響だと考えられます。黄体ホルモンは、身体に水分を溜め込もうとする働きがあるため、黄体ホルモンが大量に分泌されると、大腸からも水分が吸収されやすくなります。その結果、便の水分がどうしても不足してしまい、便が硬くなって便秘になります。

また、黄体ホルモンは、子宮だけでなく、腸の働きまで抑制してしまうようです。そのため、腸のぜん動運動がうまく働かなくなることも、さらに便秘しやすい状態を招くことになっているようです。

解消法

黄体ホルモンの分泌を抑えることができれば、それが一番の便秘解消法になります。しかし、ホルモンの分泌量は、自律神経によってコントロールされるために、意志の力ではどうすることもできません。

なるべく通常よりも食物繊維(特に水溶性食物繊維)を多めにとったり、こまめな水分補給を心がけたりすることが、最善の解消法になります。また、オリゴ糖などを含む食品を積極的に摂るなどして、善玉菌を増やし、腸内環境を整えることも大変に効果的です。

スポンサーリンク


運動不足が原因で便秘に


男性に比べて女性の方が、元々筋肉量が少ないために、その分、腹筋も弱く、うまくいきめないために便秘しやすいです。そこに運動不足が加わると、さらに筋肉が減り、ますます腹筋が弱くなって、便秘を招きやすくなります。

また、筋力が弱いと、胃も垂れ下がりやすく、それに腸が圧迫されることで腸の働きが鈍ってしまうようです。その結果、ぜん動運動の働きも不活発になって便秘になる場合も起こり得ます。

解消法

とにかく運動して、筋肉量を増やし、筋力を強化することが一番の便秘解消法になります。特に腹筋やスクワット、ブリッジなど、お腹周りの筋肉を強化するトレーニングが最適です。また、お腹を意識してひっこめたり膨らましたりするだけでも一定の効果が期待できます。筋肉をつけるためには、続けることが必要です。便秘が解消したからと、トレーニングをやめてしまっては、また、筋力が弱まり、便秘を招きます。

筋力トレーニングを続けることが難しい場合は、ウオーキングを続けることでそれ相応の効果が望めます。少し速足でウォーキングをするだけでも、全身の筋肉を鍛えることができます。

ダイエットをすると便秘になりやすい


女性の場合、やはりダイエットが原因で便秘なるケースは非常に多いです。ダイエットで食事量を減らした結果、食物繊維や水分も不足しやすくなります。食物繊維も水分も、どちらもスムーズな排便のために大変に重要な働きを持っています。

特に食物繊維の中でも、水溶性食物繊維は腸内の善玉菌の栄養源なので、それが足りなくなると、善玉菌が減り、腸内環境が悪化しやすくなります。

また、水分は便を軟らかくするために必要です。水分が不足すると、便がカチカチになって便を出しづらくなります。

脂質も便の滑りをよくするために必要な栄養素です。ダイエットによって脂質が不足すると、便の滑りが悪くなるため、やはり便を出しづらくなります。

解消法

ダイエットで食事制限の際に、食物繊維、水分、脂質は制限せずに必要量を摂取するようにしましょう。特に水分は、食事を減らした分、多めに摂る必要があります。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事