ルイボスティーの便秘解消効果について

便秘の解消にルイボスティーが効果的な理由について

このエントリーをはてなブックマークに追加

ルイボスティーの便秘解消効果


美容によいお茶として知られるルイボスティーは、美容に関心の強い女性を中心に高い人気を誇っています。このルイボスティーは、便秘の解消にも優れた効果が望めるようです。なぜ、ルイボスティーは便秘解消に効果的なのか?その理由や、ルイボスティの美容効果、健康効果についてお伝えします。

ルイボスティが便秘に効く理由


理由その1 SOD酵素が豊富

ルイボスティーには、SOD(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ)といわれる酵素が豊富に含まれています。SOD酵素は、元々人間の体内に備わっていて、活性酸素による細胞へのダメージをブロックする働きがあります。

活性酸素は、腸の細胞を酸化させ、その働きを鈍らせてしまいます。腸内に活性酸素が増えることによって、腸の働きが低下し、便秘になる場合も少なくありません。便秘になると、腸に滞留した便を餌にして悪玉菌が繁殖しやすくなります。悪玉菌は、繁殖の際に、様々な有害物質を産出します。それらの有害物質を除去するために、腸内に大量の活性酸素が発生してしまいます。増えすぎた活性酸素は、腸の正常な細胞にまでダメージを与え、ますますその働きを鈍らせるため、便秘のさらなる悪化を招きます。

ルイボスティーを飲むと、ルイボスティーに豊富に含まれるSOD酵素の働きにより、活性酸素の発生が抑えられ、便秘の悪化を食い止めることができます。活性酸素が減れば、次第に腸の機能も回復するため、便秘が解消しやすいと考えられています。

スポンサーリンク


理由その2 便秘に効くミネラルが豊富

ルイボスティーには、以下のような便秘によいミネラル分が豊富に含まれています。

マグネシウム

マグネシウムは、便を軟らかくしてかさを増やし、排出しやすい状態にする働きが望めます

カリウム

腸内の水分量を調節する働きにより、便が水分不足に陥るのを防いでくれます。

理由その3  水分不足による便秘を解消

ルイボスティーを飲むことにより、水分を補えることも便秘の解消に大いに効果的に働いてくれます。例えば、カフェインを多く含む緑茶やウーロン茶は、カフェインの利尿作用により、身体が水分不足になりやすいです。体内の水分が不足すると、便の水分量が減り、便が硬くなるため便秘になりやすいのです。

しかし、ルイボスティーはノンカフェインのため、補給した水分が身体から抜けにくく、腸内の水分が不足することによる便の硬化を防ぐことができます。

ルイボスティーにはこんな健康効果もある!


1.老化予防

主にルイボスティに豊富に含まれるSOD酵素の働きによる効果です。SOD酵素の強力な抗酸化作用は、活性酸素の過剰発生を抑えることができるため、身体中の細胞の酸化による老化を抑えることができます。特に皮膚細胞は、紫外線などによる活性酸素のダメージを受けやすいために、ルイボスティは、皮膚の酸化を防止し、シミ、しわなどの予防に極めて優れているようです。また、卵子の老化も防げるので、不妊にも効果的です。

2.アレルギー疾患の改善

ルイボスティに豊富に含まれるSOD酵素や各種ビタミン・ミネラルによる効果です。アトピー性皮膚炎、花粉症、鼻炎などの改善効果が望めます。これは、腸内環境が改善することによる免疫力の向上とも深く関係しているようです。

3.その他

その他にも、冷え、むくみ、ストレス緩和による安眠、ダイエットなど、その効能は実に幅広いです。

ただし、ここに注意!


ルイボスティそのものは、発酵茶ですので、身体を温める作用があります。ただし、冷たい状態で飲みすぎてしまうと、腸を冷やし機能を低下させる心配が出てくるので、できれば常温か温めて飲むようにしてください。

1日の摂取量の目安は、カップ3杯程度(500ml以内)で、十分な効果が望めるようです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加