プーアル茶の便秘解消効果について

便秘の解消にプーアル茶が効果的な理由について

このエントリーをはてなブックマークに追加

プーアル茶の便秘解消効果


中国茶としておなじみのプーアル茶は、便秘解消に優れた効果のある飲み物です。プーアル茶は、便秘に効くだけでなく、数々の健康効果も望めます。なぜ、プーアル茶は、便秘の解消に効果的なのか、その理由、プーアル茶の健康効果、飲む場合の注意点についてお伝えします。

プーアル茶が便秘に効く理由


プーアル茶が便秘に効果的なのは、ひとことでいえば、プーアル茶には、便秘によく効く成分が豊富に含まれているから、ということになります。

プーアル茶は、緑茶を発酵させ、長期間熟成させて作られます。そのため、プーアル茶には、「重合カテキン」と呼ばれるカテキンが結合したポリフェノール(抗酸化成分)が豊富に含まれています。この重合カテキンには、胃腸の機能を向上させる働きがあります。胃腸の機能が向上すれば、排せつ機能もよくなるため、便秘が解消しやすいです。

また、重合カテキンは、体内の有害物質を便とともに排出させる毒出し(デトックス)作用が強いので、この作用によっても排便がスムーズになるため、便秘が解消しやすくなります。

便秘ですと、滞留した便に群がって悪玉菌が繁殖しやすいです。重合カテキンは、抗菌作用にも優れているため、便秘による悪玉菌の繁殖を抑制する働きも望めます。

さらにプーアル茶には、没食子酸も豊富に含まれています。没食子酸は、茶葉を発酵させる過程できる有機酸で、腸内の悪玉菌を減らす働きに優れています。没食子酸には、腸を刺激してぜん動運動を活発にして、排便を促す働きも望めます。

スポンサーリンク


プーアル茶にはこんな健康効果もある!


1.ダイエット効果

プーアル茶には、中性脂肪を減らす働きがあることが実証されているようです。また、プーアル茶に含まれる重合カテキンや没食子酸には、脂肪の吸収を阻害する働きが認められています。これらの働きによって、優れたダイエット効果が期待できます。

2.アンチエイジング効果

プーアル茶豊富に含まれる抗酸化物質(重合カテキンやタンニンなど)による効果です。これらの抗酸化物質によって、活性酸素の発生を抑えられるため、活性酸素による細胞の老化を防ぐことができます。

3.冷え性改善

プーアル茶は、発酵されているため、身体を温める働きがあります。身体が温まることによって血流もよくなるため、冷え性による不調を改善できます。腸の冷えも改善できるため、腸の機能向上効果も望めます。

4.口臭予防

重合カテキンの抗菌作用による効果です。口臭の原因菌となる口内の悪玉菌の繁殖を抑える働きに優れています。

5.がん予防

プーアル茶には、がん細胞を自滅に導く働きが認められているようです。

ただし、ここに注意!


プーアル茶は、医薬品ではないので、副作用はありません。ただ、必要以上に飲みすぎた場合、下痢を起こすリスクが生じるようです。

1日の摂取量の目安は、1リットルを上限として、数回に分けて飲むようにしてください。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加