コーヒーの便秘解消効果について

便秘の解消にコーヒーが効果的な理由について

このエントリーをはてなブックマークに追加

コーヒーの便秘解消効果


コーヒーには、便秘解消効果があると言われています。実際、コーヒーを飲むと便意を催すというケースは少なくないようです。なぜ、コーヒーが便秘の解消に効果的なのか?その理由についてお伝えします。

コーヒーに豊富に含まれるカフェィンが腸を刺激する


便秘の解消にコーヒーが効果的なのは、コーヒーにはカフェィンが豊富に含まれている点にあります。カフェィンには、腸を刺激して、ぜん動運動を活発にさせ、便通を促す働きがあります。

カフェィンは、コーヒーの他に紅茶、録茶、抹茶、ココア、コーラ、栄養ドリンクなどにも含まれているので、どれも腸を刺激しますが、その程度は、カフェィンの含有量によって違いが出てきます。コーヒーは、カフェィンの含有量が特に多いため、その分腸への刺激も強くなり、便通を促す働きも強くなると考えられます。

腸の働きが鈍り、ぜん動運動がうまく働かないことが原因の弛緩性の便秘には、コーヒーが特に効果的といえるでしょう。

スポンサーリンク


コーヒーに含まれる成分が腸内の善玉菌を増やす


コーヒーには、ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸が豊富に含まれています。このクロロゲン酸には、腸内細菌の善玉菌(ビフィズス菌)や日和見菌(クロストリジウム属とユーバクテリウム属)を増やす働きがあることが、数々の実験によって証明されているようです。

善玉菌が増えると、善玉菌が増殖の際に産出する有機酸も増えることになります。この有機酸にも、腸を刺激してぜん動運動を活発にする働きがあります。さらに有機酸は、悪玉菌の繁殖を抑えることで、腸内環境を良好な状態に整えるのにも役立っています。

コーヒーの健康効果


コーヒーに豊富に含まれるクロロゲン酸には、強力な抗酸化作用があります。この抗酸化作用によって、動脈硬化や高血圧の予防改善、心疾患や脳血管障害などの発症リスクを抑える効果が望めるようです。

またクロロゲン酸により、腸内の善玉菌が増え、腸内環境がより良好な状態に整えられることで、便秘解消の他に免疫力向上、美肌、アレルギーの改善なども期待できます。

ただし、飲みすぎには注意!


コーヒーを飲みすぎてしまった場合は、カフェインの過剰摂取によって逆に身体に様々な支障が生じる怖れがあるため注意が必要です。カフェィンの過剰摂取で胃腸が過度の刺激を受けることになった場合、胃痛や腹痛に襲われる怖れが出てきます。また、カフェィンには利尿作用もあるために、コーヒーを飲みすぎることによって、多尿となり、水分が不足することで便秘になる場合もあります。

便秘解消に関しても、健康に関しても、1日カップ1杯〜4杯で十分な効果が望めるでしょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加