炭酸水の便秘解消効果について

便秘の解消に炭酸水が効果的な理由について

このエントリーをはてなブックマークに追加

炭酸水の便秘解消効果


炭酸水は、便秘の解消に効果的な飲み物です。ただし、便秘解消目的で炭酸水を飲む場合、いくつか気をつけたい点もあります。さらに詳しく見ていきましょう。

炭酸水が便秘に効く理由


1.腸のぜん動運動を活発にする

炭酸水に含まれている炭酸ガスが、腸の粘膜を刺激して、ぜん動運動を活発にします。そのため、腸の働きが低下していて、ぜん動運動がうまく働かないことが原因の便秘(弛緩性便秘)の解消に特に効果的です。

2.胃腸の機能を活発にする

炭酸水に含まれている炭酸ガスが、胃と腸の機能を活発にさせるため、消化がよくなります。消化がよくなると、その分、排せつにエネルギーを費やせるため、排せつ機能もよくなり、便秘が解消しやすいです。

スポンサーリンク


炭酸水にもこんな健康効果もある!


炭酸水には、便秘解消の他に以下のような健康効果が期待できます。

1.血流がよくなる

炭酸水に含まれている炭酸(二酸化炭素)が、血液中に取り込まれることで、血液中の二酸化炭素の濃度が上がります。すると身体の調節機能が働いて、酸素を増やそうとして、血管が拡張し血流がよくなります。さらに炭酸ガスそのものにも血管を拡張させる働きがあるようです。

血流がよくなると、身体全身に酸素や栄養が行き渡るために、身体全体の機能が向上します。当然、腸の機能も向上するため、お通じもよくなります。

血流がよくなることによって、冷え性や肩こり、腰痛、神経痛などの改善効果が望めます。

2.ダイエット効果

炭酸に含まれる炭酸ガスが、お腹に溜まることで、満腹感を得られやすいです。その結果、食事量を抑えることができるため、ダイエットにも効果です。

ただしここに注意!


炭酸水は、痙攣性の便秘の解消に関しては、その効果があまり期待できないどころか、逆に便秘が悪化する場合もあり得るようです。痙攣性の便秘は、自律神経の乱れによって、腸が正常に機能せず痙攣を起こすくらい、ぜん動運動が活発になりすぎることで引き起こされます。そのような状態で炭酸水を飲んでも、ますますぜん動が活発になるだけで、痙攣は改善されず、腸の機能も元に戻りません。

また、便秘解消目的で炭酸水を飲む場合は、コーラやファンタなのでの砂糖を含むものではなく、無糖のタイプを選びましょう。砂糖は腸内の悪玉菌を増やします。それと、軟水よりも硬水の方が、マグネシウムを多く含むために、その分便が軟らかくなり、より高い便秘効果が望めます。

炭酸水は、一度にたくさん飲むよりも、こまめに飲む方が効果的です。便秘解消のためには、朝一番にコップ1杯程度の炭酸水(常温)を飲む方法をおすすめします。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加