フラフープの便秘解消効果について

便秘の解消にフラフープが効果的な理由とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

フラフープの便秘解消効果


フラフープは、今から半世紀以上前の1958年頃に、爆発的なブームになった遊具です。このフラフープは、便秘の解消にも効果的に働いてくれるようです。それにしても、なぜフラフープが、便秘に効果的なのでしょうか?その理由についてお伝えします。

そもそもフラフープとはどんな遊具?


フラフープは、主にプラスチックでできた大きな輪っかです。その輪っかを頭から通し、腰にあてて、腰を使ってぐるぐると回して遊べるようになっています。フラフープは、腰を回す動きが、あのフラダンスに似ていることから、フラフープと名付けられたようです。

フラフープは、手軽に始めることができ、ウエスト周りの筋肉を引き締めることができるということから、今では、ダイエットアイテムとして使用する人が多いようです。しかし、このフラフープは、便秘解消のためのアイテムとしても非常に優れているといえます。

スポンサーリンク


フラフープが便秘に効く理由


理由その1:腹筋が強化される

フラフープを回すことで、腰回りの筋肉が鍛えられ、腹筋が強化されます。腹筋が強化されれば、うまくいきむことができ、スムーズな排便が得られるため、便秘が解消しやすいです。

さらにフラフープは、骨盤の奥ふかいところにある腸腰筋(インナーマッスル)も鍛えることができます。腸腰筋は、腸を刺激して腸のぜん運動を活発にするのに役立つ筋肉です。そのこともまた、フラフープが便秘解消に効果的な理由になります。

理由その2:骨盤のゆがみが矯正される

骨盤がゆがむことで、骨盤内にある腸もゆがむことになります。腸がゆがむと、便がうまく移動できずに詰まりやすくなるため、便秘の一要因になります。フラフープを回すことは、骨盤のゆがみを矯正するのにもとても効果的です。骨盤のゆがみが矯正されれば、腸のゆがみも矯正されるため、便がスムーズに移動できるようになり、便秘が解消しやすくなります。

理由その3:自律神経のバランスが整う

フラフープは、ほどよい有酸素運動になります。ほどよい有酸素運動は、自律神経の働きを活発にして、副交感神経と交感神経のバランスを整えるのに効果的です。フラフープそのものも楽しいので、ストレス解消になり、それもまた自律神経の安定につながります。

そのため、フラフープは、自律神経の乱れが原因の痙攣性の便秘を解消する効果も望めます。

ただし、ここに注意!


フラフープは、便秘解消だけでなく、優れたダイエット効果も期待できます。 しかし、必要以上にやりすぎると、逆に腸にダメージを与える心配も出てきます。かつての一大ブームが一気に下火になったのは、「フラフープをやりすぎると腸ねん転を起こす」というデマがまことしやかに広まったためのようです。実際は、よほどのことがない限り、フラフープで腸ねん転を起こす心配は、まずないというのが、多くの医師に共通した見解のようです。

しかし、何事もやりすぎは好ましくなく、フラフープもしかりなので、その点は気をつけましょう。フラフープの場合は、1日10分程度を目安に、最初はごく短時間から始め、様子を見ながら徐々に増やすようにしましょう。毎日する必要はなく、週に3〜4回程度でも十分に効果が望めるようです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事