野菜の食べ過ぎが原因の便秘について

野菜の食べ過ぎが原因で便秘になることもある

このエントリーをはてなブックマークに追加

野菜の食べ過ぎが原因の便秘


野菜は便秘によいイメージですが、やはり「過ぎたるは及ばざるが如し」で、野菜も食べ過ぎると、それが原因で便秘になってしまうこともあるようです。それにしても、なぜ、野菜の食べ過ぎが便秘の原因になってしまうでしょうか?その理由について、詳しくお伝えします。

不溶性食物繊維の摂りすぎはよくない


野菜には、食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維には、水溶性の食物繊維と不溶性の食物繊維の2種類があります。それぞれ働きが違うために、便秘予防のためには、両方をバランスよく摂取することが望ましいです。

不溶性食物繊維が豊富に含まれていても、水溶性食物繊維はあまり含まれていない野菜はかなりたくさんあります。そのため、野菜を食べすぎると、不溶性食物繊維の方を摂りすぎることになりやすいのです。

不溶性の食物繊維は、水に溶けずに、水分を取り込んで膨張する性質があります。野菜を食べ過ぎて、不溶性の食物繊維を摂りすぎてしまった場合、より多くの腸内にある水分が取り込まれます。その結果、便の水分量が不足して便が硬くなります。便が硬いと滑りも悪くなるため、それだけ移動するのに時間がかかり、その間にも便の水分が失われ、ますます硬くなるという悪循環も生じます。

スポンサーリンク


特に不溶性食物繊維を多く含む野菜を食べすぎて、水溶性食物繊維とのバランスが著しく乱してしまった場合、より便秘になりやすいと考えられます。

確かに不溶性の食物繊維は、便のかさを増やすことで、腸を刺激して、ぜん動運動を活発にし、便通を促す働きがあります。しかし、摂りすぎると、必要以上に腸を刺激し、ぜん動運動が過剰になり、腸が痙攣して麻痺すると機能しなくなるようです。その結果、便秘を招くことになります。

特に自律神経の乱れなどが原因による痙攣性便秘の場合、野菜を食べすぎて不溶性食物繊維を摂りすぎると、さらに腸の痙攣が過剰になるため、便秘の症状を悪化させやすいので要注意です。

野菜の中でも、葉物野菜や根菜類は、特に不溶性の食物繊維が多いので、摂りすぎには気をつけましょう。

野菜の食べ過ぎで腸を冷やすのもよくない


生野菜を食べすぎてしまった場合、それが原因で便秘になってしまうことが起こりえます。これは、生野菜を食べ過ぎると、腸を冷やしてしまうためです。腸が冷えると血流が悪くなるため、十分な栄養や酸素を細胞に取り込めなくなります。

その結果、腸がエネルギー切れを起こし、その働きが低下してしまいます。ぜん動運動もうまく働かなくなり、便秘になりやすいということです。

野菜の食べ過ぎが原因で消化能力が低下する


野菜を食べすぎて、食物繊維を多く摂りすぎてしまった場合、胃腸は消化するのに、それだけ負担がかかり、結果的に消化能力が低下します。そうなると、野菜と一緒に食べた肉や魚なども未消化のまま大腸に届きやすくなります。特に動物性のたんぱく質は、元々消化しにくいために、消化能力が低下すると、より多くの未消化のたんぱく質が大腸に届くことになってしまいます。

未消化のたんぱく質は、悪玉菌の大好物のために、それらが大腸に多く届けば届くほど、悪玉菌はそれを喜んで食べて、増殖が盛んに行われることになります。悪玉菌は増殖の際に、有害物質や有害ガスを生成し、腸内環境を悪化させるために、それが原因で便秘になる場合も起こりえます。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加