プロテインの摂取が原因の便秘について

プロテインの摂取が原因で便秘になる理由ついて

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロテインが原因の便秘


プロテインは、筋肉をつけるのに非常に効果的です。筋肉を増やすと、その分、基礎代謝が上がるために、ダイエット目的でも摂取されています。しかし、プロテインが便秘の原因になる場合も少なくないようです。プロテインの摂取が原因で便秘になる理由ついてお伝えします。

プロテインを摂取すると腸内の悪玉菌が増える


プロテインの摂取が原因で便秘になる、その最たる理由は、プロテインによって腸内の悪玉菌が増え、その結果、腸内環境が悪化するからです。

プロテインは、筋肉の元であるタンパク質です。プロテインは、消化吸収がよいため、肉や魚、卵などの食品からタンパク質を摂るよりも効率よく筋肉を増やすことができます。アスリートやボディビルダーなど、筋肉を増やす必要のある人にとっては、欠かせないタンパク源となります。

スポンサーリンク


ただし、いくら消化吸収がよいからといっても、元々タンパク質は消化しにくい栄養素であります。必要以上にま摂りすぎてしまった場合は、やはり消化しきれなかった分のタンパク質が大腸に届いてしまうことになります。

未消化のたんぱく質は、悪玉菌の格好の栄養源であるため、悪玉菌はそれらを喜んで食べて、増殖活動を盛んに行い、その数を増やすことになります。

腸内の悪玉菌が増えると、善玉菌の活動が抑えられてしまうことになるため、腸内環境は悪化し、腸の働きも低下するため、便秘しやすくなります。

腸内の悪玉菌が増えると様々な悪影響が


プロテインの過剰摂取により、悪玉菌が増えて腸内環境が悪化した場合、便秘だけでなく、下痢にも悩まされるようになることもあります。その他にも様々な不快な症状に見舞われるようです。肌荒れや免疫力の低下、肥満など、症状は多岐に渡ります。

何よりも、悪玉菌が増えて、腸の働きが低下すると、消化吸収力が落ちるために、せっかくプロテインを摂っても、思うように筋肉を増やせなくなってしまいます。

また、 プロテインを必要以上に摂りすぎていなくても、元々胃腸が弱い場合や何らかの原因で消化吸収力が落ちている場合は、未消化の状態で大腸に届きやすくなるので、その点も注意が必要です。

プロテインが原因の便秘解消法


当然ですが、明らかにプロテインが原因で便秘になっていると判断できる場合、プロテインの摂取を止めることで、すんなりと便秘が解消されるケースが多いです。

しかし、様々な事情でプロテインを摂取をやめることができない場合は、プロテインにオリゴ糖を加えて飲んでみたり、食物繊維や発酵食品など、腸内の善玉菌を増やす効果のある食品を積極的に摂ることで、うまく腸内環境のバランスを整えるよう工夫してみてください。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加