お菓子の食べ過ぎが原因の便秘について

お菓子の食べ過ぎが原因で便秘になる理由について

このエントリーをはてなブックマークに追加

お菓子の食べ過ぎが原因の便秘


お菓子の食べ過ぎが原因で便秘になりますし、また、お菓子の食べ過ぎが便秘解消の妨げになる場合もあります。なぜ、お菓子を食べ過ぎると便秘になってしまうのでしょうか?その理由についてお伝えします。

お菓子は腸内の悪玉菌を増やす


お菓子には、砂糖が非常に多く含まれています。お菓子の中でも特に洋菓子は、砂糖に加え、油脂も多く含まれています。

砂糖も油脂も、腸内の悪玉菌の大好物です。お菓子に含まれる砂糖や油脂は、大腸に届くと悪玉菌の格好のごちそうとなります。悪玉菌は、それらを喜んで食べて、盛んに増殖していきます。悪玉菌は、増殖の際に身体にとって有害な物質を産出します。これらの有害物質が増えれば増えるほど、腸もダメージを受けて、その働きを鈍らせることになってしまい、便秘を招きやすいのです。

スポンサーリンク


お菓子を食べると腸が冷える


お菓子に含まれている砂糖は、白砂糖で、その原料は、サトウキビです。サトウキビの主な産地は、南国です。南国で育った食物は、身体を冷やす作用があります。

身体を冷やすということは、当然、腸も冷やされます。腸が冷えると、血流が悪くなることで、酸素や栄養が上手く届かず、エネルギーが不足するため、その働きが低下します。その結果、ぜん動運動もうまく働かず、便秘を招きます。

お菓子の食べ過ぎは、便秘にこんな影響も!


お菓子を食べすぎると、それでもうお腹が一杯になってしまって、通常の食事が食べられなくなる場合も多いです。また、一部の例外を除き、お菓子には食物繊維やビタミン、ミネラルなど、便秘に効く成分は、ほとんど含まれていません。お菓子を食べ過ぎて食事を摂らなくなると、その分、便秘に効く成分が不足するため、便秘になりやすいのです。

お腹が一杯になるならないに関わらず、女性の場合は、お菓子を食べ過ぎると、カロリーが気になってしまい、食事を控えてしまうことになりがちです。

例えば、 お菓子を食べ過ぎたから夕食を抜く、という行為は、便秘を招く行為でもあります。

ただし、極端に減らす必要はなし


砂糖には、疲労回復効果があります。便秘になりたくないからといって、食べたいのに無理に我慢したり、砂糖の摂取を極端に制限したりする必要はありません。お菓子を適量摂る分には、疲労回復やストレス解消などの効果も望めます。

通常の食事とのうまくバランスをはかり、お菓子の食べ過ぎを控えて、適宜摂取するように心がければ、便秘にそれほど大きな影響を及ぼす心配はなさそうです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加