お茶の飲み過ぎが原因の便秘について

お茶の飲み過ぎが原因で便秘になる理由について

このエントリーをはてなブックマークに追加

お茶の飲み過ぎが原因の便秘


お茶は、便秘解消に効果のある飲み物です。ただし、それはあくまでも適量を摂取した場合に限ります。やはり何事も「過ぎたるは猶及ばざるが如し」で、お茶も必要以上に飲みすぎると、逆に便秘の原因にもなってしまうようです。その理由についてお伝えします。

お茶には利尿作用があり便が硬くなりやすい


一言でお茶といっても様々な種類(緑茶、ほうじ茶、麦茶など)がありますが、ほとんどのお茶には、利尿作用があります。しかし、利尿作用が強すぎると、せっかく摂った水分は、尿として排出されてしまうため、その分、便の水分量が減ってしまい、便が硬くなって便秘を招きやすくなります。

スポンサーリンク


便秘予防や便秘解消のために必要な水分は、1日に1・5リットル〜2リットル程度と言われています。しかし、これを利尿作用の強いお茶だけで摂取している場合は、結果的に便の水分量が不足して、便が硬くなるため、便秘を招きやすいと考えられます。

お茶の飲み過ぎはお腹を冷やすことに


冷たく冷やしたお茶の飲みすぎにより、お腹を冷やすことで、腸も冷えます。腸が冷えると血流が悪くなり、腸を動かすのに必要な栄養や酸素が行き渡らず、その働きが低下します。その結果、便秘を招くことになります。

お茶の中でも、発酵して作っていないタイプのお茶、例えば緑茶や麦茶などは、冷たくするしないに関わらず、身体を冷やす働きがあるため、飲みすぎるとお腹を冷やして、便秘を招く怖れが出てきます。

飲みすぎると便秘の原因になるのはどんなお茶?


カフェフィンやカリウムが多く含まれているお茶は、利尿作用が強くなります。これらの成分は、お茶の中では、抹茶や緑茶に多く含まれるので、飲みすぎると便秘の原因になるので、気をつけましょう。

ただし、緑茶に含まれているカテキンには、腸内の悪玉菌の繁殖を抑える働きがあるので、適量を摂取することは、むしろ便秘解消に効果的に作用します。

お茶の中でも、麦茶は、カフェインが含まれておらず、カリウムも少な目なので、利尿作用はそれほど強くはありませんが、身体を冷やす作用があるため、やはり飲みすぎると、お腹が冷えて便秘を招く心配が出てきます。

便秘解消目的で、水分を摂取する場合、飲み物として適しているのは、常温の水、あるいは白湯です。ミネラルウォーター(硬水)も適しているようですが、硬度の高い水は、飲みすぎると腎臓に負担がかかるので、その点は注意が必要です。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加